カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 節骨鶏穴 | トップページ | 大倉鶏絞 »

2016年9月19日 (月)

横浜敗北

連休最終日。相変わらず降ったり止んだりの空模様。まーた強引過ぎるコースで今週台風直撃だとか。いい加減にして欲しい。それはそうと我は4日連続ラーメン二連食をしてしまっている。ストレスをラーメンを食べる事で発散しているのが如実にわかる。これは良くない。という事で今日は麺休日とする。でも結局外食するんだけどね。横浜で買い物をした後日吉に向かった。『日の出らーめん』の系列で『肉を喰らえ!』という店があった場所に『横浜家系カレー』を名乗る『壱番家』なる店が出来たというのでそこに行ってみる事にした。経営は同じなのだろうか?判明しない。で開店予定時刻11時半前に到着し開店を待っていたが準備中の札が出されたままで店員の姿が見えない。店内照明は点灯しているのに。10分近くウロウロしてみたが営業する気配がないので諦めた。朝から何も食べていないので空腹に耐えられず麺休日返上。『武蔵家』で家系ラーメンを食べる事にした。店に到着すると入口に8人待ち。ラーメン激戦区の日吉駅前で常に行列を作っている日吉最強店。しかも横浜では珍しくもない家系ラーメンで。これは改めて実食して確かめてみたい。入口の券売機で食券購入。回転が良いので6分程度の待ちで着席出来た。うなぎの寝床のように幅が狭く奥に伸びる店内。厨房には男の店員ばかり3人。L字型カウンター14席。後客も次々来店し常に空席待ちが生じていた。

160919musashiya00 160919musashiya01 横浜ラーメン 武蔵家 日吉店

『ラーメン並(麺かため・油多め)』 650円+『ライス』サービス


筆頭基本メニューを我のいつもの家系好みでオーダー。日吉ラーメン店ルールでライス無料。しかも大盛まで可。普通にしておいたけど。スープがやはり独特の色をしている。豚骨濃度が濃いのだ。そして醤油ダレも十分効いている。露骨に工場生産になって個性が失われつつある昨今の家系系列ばかり目にしているからか、この東京育ちの家系『武蔵家』の個性が際立って感じるんだよ。はっきり言って我の好みの味。そしてこの値段でライスサービスだからね。本場横浜の家系店が東京家系店に負けているのは悔しい気持ちがあるけど、これは認めざるを得ない感じがする。是非横浜家系店は奮起してもらいたいなと勝手に言いたい放題したくなってしまった。

また雨が激しくなってきたので早々に帰宅した。

« 節骨鶏穴 | トップページ | 大倉鶏絞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜敗北:

« 節骨鶏穴 | トップページ | 大倉鶏絞 »