カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 珉珉排骨 | トップページ | 仙川醤油 »

2016年9月22日 (木)

雨浅草黒

鐘ヶ淵駅に戻り終点の浅草に出てみた。久々この辺りを歩いてみようと思った。雨の為アーケード商店街に人が集中していた。やはり外国人観光客も大勢いた。その商店街をぶらぶらと歩いた。何も買わなかったけどね。で、この浅草でも一杯食べていこうかと食べログをチェック。そうすると富山ブラックラーメンの文字が目に飛び込んできた。やはりご当地ラーメンに目が行ってしまう。屋号は『だらんま』。神田に本店があったがそちらは閉店してしまったようだ。。黒い内外装の角店。「東京一黒くてしょっぱい」の文字が入った看板。引き戸を開け入店。店内角に券売機。厨房には店主一人のみ。コの字型カウンター席13席。先客2人後客4人。

160922daranma00 160922daranma01 富山ブラックラーメン だらんま 浅草店 『中華そば』 700円

筆頭基本メニューを注文。麺はぶりぶりの縮れ太麺。具は薬味ネギと太メンマ、そして肉の塊のような脂たっぷりチャーシュー1個。そこに最初から胡椒がかかっている。スープは魚醤の酸味を感じる。どちらかと言えば『大喜』より『麺家いろは』に近い気がした。

それにしてもまた食い過ぎた。帰りは都営浅草線の駅まで歩いて京急直通で横浜に帰った。

« 珉珉排骨 | トップページ | 仙川醤油 »

コメント

相変わらず精力的に麺活をされているようですね。

『だらんま』は当方も一度行ったことがありますが、デカいチャーシューとそれに大量にかかっている胡椒、そして強烈な塩っぱさが印象的でした。
地元富山では、「飯のおかずにするラーメン」として広まったことが頷ける一杯でした。

当時、田原町や蔵前辺りに仕事で詰めていたので、浅草付近はよく覚えています。
浅草では『うりんぼ』や『じゃん腹』、蔵前では『元楽』が旨かったのですが、いぬ吉さんならご存じですよね?
書いていて懐かしくなりましたが、当方いぬ吉さんの様に遠征はせず、近場で済ます性質なので、当分再訪する機会は・・・。

スパインチラーさん、いつもコメントありがとうございます。私は全国食べ歩きを通して、ラーメンを主目的にしつつ、見知らぬ町を歩く事の楽しさを知ってしまいました。ただラーメンを食べるだけというのは片手落ちのような気持ちになってしまうのですよ。紹介していただいた浅草のお店は存じ上げませんでした。興味深い店であれば行ってみたいと思います。浅草は私にとってまだ馴染みがない街ですので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨浅草黒:

« 珉珉排骨 | トップページ | 仙川醤油 »