カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雨浅草黒 | トップページ | 堀内笊麺 »

2016年9月23日 (金)

仙川醤油

今日は平日休暇。それをラオタとして有効活用すべく普段来れない行列店に行ってみる事にした。以前「dancyu」のラーメン特集号の表紙を飾っていた美味そうなラーメン。それを食べに行く事にした。京王線仙川駅から徒歩8分ほどの郊外にある『中華そば しば田』だ。2013年11月開店。以前は定休が土日だったので難易度は高かったのだが、最近日月に変わったらしい。それでも我からすれば人気や場所も含め敷居の高さはそれほど変わらない。ようやく訪問チャレンジ。みなとみらい線で渋谷に出た後井の頭線に乗り換える。渋谷がダンジョン化してからというもの、過去の記憶があてにならず、ただ標識だけを頼りに井の頭線乗り場へ向かう。普通にひと駅分くらい歩く事になった。辿り着いた井の頭線で明大前まで乗って京王本線に乗り換え仙川駅へ。もちろん初めて降り立った駅。閑静な住宅街で駅前には料理屋、パン屋、スーパーなどがあり、少し行くと島忠なども近くにある。駅前をみた限りでは暮らしやすそうな土地だ。そこから住宅街の方に8分ほど歩く。すると目的の店発見。開店予定時刻の25分も前に到着してしまったから誰もいない。でも予定通り。案の定1分も経たないで人が我の横についた。そして開店時には20人近い行列が生じていた。店主が時間通りに暖簾を出して開店。店舗中央辺りに券売機。店内はこじんまりとしていて、厨房には男2人。L字型カウンター8席。

160923shibata00 160923shibata01 中華そば しば田 『味玉中華そば』 880円

雑誌の表紙にあったメニューを注文。見よ、この美味そうな顔。いい香り。味玉が切られていないのがちょっと残念だけど。かために茹でられた細麺ストレート。具は薬味ネギ、かいわれ低温調理チャーシュー、黄身しっとり味玉。醤油の味がビシッとして、それでいて魚介系のじんわり出汁がして、文句なく美味い。見た目を裏切らない美味さ。文句なく汁一滴残さず完食。店を出ると相変わらず20人以上の行列が続いていた。この町外れの立地でこれほどの大行列が生じるのも納得だ。

『しば田』にフラレてしまった場合を想定して一応この近辺のラーメン店をリサーチしておいたので、次はその目をつけていた店に向かう。『しば田』から徒歩10分ほど、『麺処 絢(けん)』という店。以前は創作居酒屋だったらしいが、2013年4月に自家製麺のラーメン専門店として開店したらしい。『しば田』より開店時間が30分遅いので、開店5分前くらいに無事到着。店前に人はいない。でもまた直後に後客が続いた。開店時間ピッタリに女将が暖簾を出した。その頃には我の後ろに8人ほど行列が生じていた。早速入店。厨房には店主と女将の2人。厨房前に一列のカウンター4席。2人がけテーブル3卓と4人がけテーブル席1卓。口頭で注文。女将は居酒屋時代の接客の感じなのでラーメン店としては違和感のある、誤解を生みやすいような接客だった。

160923mendokoroken00 160923mendokoroken01 麺処 絢 『醤油ラーメン』 700円

筆頭メニューを注文。塩もある。自慢の自家製麺は中太平打ち多加水手もみ縮れ麺。佐野ラーメンインスパイアらしい。具は薬味ネギ、かいわれ、穂先メンマ数本、そして中央には分厚いが柔らかい巻きバラチャーシュー。やや酸味を感じる淡い醤油スープ。これも日本の醤油ラーメンとしては上質だよな。満足。

ここまで来てしまうと調布というより世田谷区。小田急の成城学園前駅まで歩いてしまおう。といっても1.6kmもあるけど。食後のいい運動になる。それにしても今日も朝から降り続いている雨。いつまでこんな天気が続くのだろう?成城学園前駅周辺で銀行とスーパーに寄って帰路についた。登戸から南武線に乗り換え武蔵小杉に出た後、ひと駅分近く歩いて湘南新宿ラインに乗り換え横浜に帰ってきた。

« 雨浅草黒 | トップページ | 堀内笊麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64244760

この記事へのトラックバック一覧です: 仙川醤油:

« 雨浅草黒 | トップページ | 堀内笊麺 »