カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 衣笠大公 | トップページ | 夕暮溝口 »

2016年8月13日 (土)

夏六本木

雲が多くすっきりしない空だが暑い日が続く。夏はやっぱりカレーだね、という事でもないがカレーラーメンを食べに行く。本当は新橋近くの店を狙ったのだが、臨時休業だった為の方針転換。6月中旬頃、相鉄線星川駅近くにカレーラーメンをメインに据えた『麺屋たいが』という店に訪問した事がある。開店当初から営業が不順で今営業しているか定かではない。そのカレーラーメンはただカレー味にしただけのラーメンとは違い、豚しゃぶや長ネギが入ったもつ鍋のような個性があった。それにはオリジナルが存在した。『かれー麺実之和』だ。以前から存在は知っていたけど、以前は広まりを見せてなかったからね。今はFC展開していたり、先の店のように真似する店も出てきたので訪問したいなと思っていた。「カレーは強い」から、だいたい味のバリエーションとしてのサブメニュー扱いで、しっかり真正面からメインに据えるところは少ないからね。確か六本木に店があったなと記憶していたので、汐留から大江戸線に乗り六本木駅に到着。我からすれば最も縁遠い存在の街なのでよく迷う。ようやく店を見つけて入店。ラーメン店らしくない店舗で。入口から厨房を廻って反対側に客席スペースがある。酒類がずらりと並べられていて夜の店の雰囲気。鍋料理を扱っているようで、どうりでラーメン店らしからぬ造りをしている。厨房には男女の店員2人。一列のカウンター8席とテーブル席多数。先客2人後客ゼロ。口頭で注文。

160813minowa00 160813minowa01 かれー麺 実之和 六本木店

『かれー麺 並』 750円+『ライス』 サービス


筆頭基本のメニューを注文。ライスはランチサービス。 いい香りがするね。思わず匂いを嗅いでから食べた。麺は中太縮れ麺。多加水麺だね。具は博多鍋っぽい細長い万能ねぎと豚しゃぶ。スープはカレーのとろみのあるスパイシーなもの。でもカレーうどんと基本変わらない。サービスのライスにスープと豚しゃぶを乗せ茶碗カレーをつくって食べた。満足。

突発的に六本木に来てしまったので次の店をどこにしようか迷った。『えんとつ屋』や『赤のれん』など我好みの老舗店に傾きかけたが、だいぶ前とはいえ訪問済だし、ここは未訪問の店を優先する事にした。狙ったのは『楽観』という店。以前立川で訪問した事がある店だが、元々創業は西麻布で、店主は今年3月に戻ってきて営業を再開したらしい。『実之和』から徒歩10分以上かけて辿り着いた路地裏の店は、非常に敷居が高い雰囲気を漂わせて入店時躊躇した。思い切って入店すると店内はやや暗めの照明で狭く、高級感溢れていた。厨房には店主一人のみで一列のカウンター8席で先客4人後客5人。口頭で注文。料金後払い。

160813rakkan00 160813rakkan01 楽観 NISHIAZABU GOLD 『琥珀』 900円

筆頭基本の一杯を注文。中細縮れ麺。具は刻み玉ネギとメンマ2,3本。チャーシュー1枚。香味油に覆われた黒い醤油スープ。懐かしさという要素を切り捨て具材にこだわっった上品な八王子ラーメンといった感じ。玉ネギと黒醤油という我の好みに合致するはずだし、確かに美味しいのかもしれないけど、上品過ぎて醤油のキレが感じずまろやかさが目立つ。それに一杯の価格の事を考えると満足するという感覚は得られなかったな。

日比谷線で中目黒に出て東横線に乗り換え横浜に戻った。

« 衣笠大公 | トップページ | 夕暮溝口 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏六本木:

« 衣笠大公 | トップページ | 夕暮溝口 »