カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 戸塚神風 | トップページ | 夏六本木 »

2016年8月12日 (金)

衣笠大公

160812kannonzaki01 せっかくの夏休み。海に行ってみようかと思い立ち朝8時半に家を出た。空は雲が多く直射日光を緩めてくれた。別に泳ぐ気もないので観音崎くらいが適当かなと京急線を乗り継いで馬堀海岸駅に降り立ったのは家を出て1時間後。駅前から通りに出てバスに乗り観音崎に到着したのは10時過ぎ。海水浴場は人が多くいて賑わっていたが、入江で海藻が多く打ち上げられあまり綺麗とは言えない。サンダルだったので波打ち際で足先を濡らした程度で早々に海岸を離れた。バス停に行くとちょうど浦賀行きのバスが出発寸前だったので急いで乗り込んだ。

浦賀から堀之内で乗り換え一度久里浜に出る。それからJR久里浜駅まで移動し横須賀線に乗り衣笠という駅で降りる。初めて降りた駅だ。駅から昔ながらアーケード商店街が続く横須賀らしい町並み。そこを抜けて駅から歩くこと10分程度で本日の目的店、『大公』に到着。純連すみれインスパイア系の味噌をメインに据えた店で、以前は福島県郡山で出店していたが移転してこの屋号で2013年4月に開店した。その実力から注目を浴び行列店になっていると聞いていたので前々から気になっていた。店に到着したのは開店10分以上前だったが既に1人待っていた。その後に並ぶと後ろにすぐ行列が生じた。一応今日は平日だよね?開店時刻ピッタリに暖簾が出された。その頃には10人を超える行列が生じていた。入店すると入口に券売機。囲われた厨房を回り込んで客間がある。一列のカウンター4席と座敷に4人卓が3つ。厨房は囲われて分からないが男の店員が2人くらいかな?店員は少ない。

160812taikou00 160812taikou01 拉麺 大公

『肉玉味噌らぁめん』 930円+『ライス』 100円=1030円


腹が減っていたので肉玉味噌を注文。それほど待つことなく提供された。固めに茹でられた黄色いレモン色の縮れ中太麺。具は薬味ネギ、焦げ目がつくほど炒められたもやし、多めの挽肉、トッピングの脂身の多いチャーシュー3枚、黄身しっとりの味玉丸1個。すっかり味噌ラーメンの定番となったすりおろし生姜も添えられている。スープはラードに覆われた、香ばしさが香り立つ、正に焼き味噌と言った感じ。伊勢佐木町の『みずき』より鼻先の差で香ばしさが勝り美味かった。高評価も納得の一杯だった。

再び駅に戻り逗子から横須賀線に乗り換え横浜に戻った。

« 戸塚神風 | トップページ | 夏六本木 »

コメント

一昨日(8/12)行ってきました。開店20分前から20名近い行列で、人気店であることが窺えます。
家内と車で出かけたので、家内に「味噌!」と告げて店前で降ろし、こちらは店舗から離れた駐車場へ。
ところが店舗用の駐車位置が分からず右往左往。当たりをつけて停めた場所は他店舗用。結局大公専用スペースは2台分しかなく、とっくに埋っていたことが判明。仕方なく差し障りのない場所に路上駐車させて、店に向かうと家内が食券を購入している最中でした。
ようやく漕ぎ着けた一杯には、当方嫌いなおろし生姜が問答無用で、挽肉の上に。
そのエキスがスープに溶け込んでしまい、残念な味わい。おろし生姜くらい卓上に備えておけばいいのに。
犬吉さんが仰る通り、焼き味噌の芳ばしさは『みずき』より勝っていましたが、立地、味わいなどのトータル的な評価では、『みずき』に軍配が上がりますね。
何といっても、開店前から並ぶ必要がないですから。

スパインチラーさん、いつもコメントありがとうございます。
ラーメン屋は近場にあってフラッと気軽に入れる店に勝るものはないですよ。
それで満足感が得られれば幸せです。
食べ歩きをしておいて何ですが、私は待ちが生じる美味い店より、味はそこそこでユルイ店の方がいいです。

犬吉さん、レス有難うございます。

> 食べ歩きをしておいて何ですが、私は待ちが生じる美味い店より、味はそこそこでユルイ店の方がいいです。

同感です。
「食べ歩きをしておいて何ですが、」の部分、含蓄がありますね。
「ユルイ店」というのは、『田中屋』ですね?
当方の場合、決して緩くはないのですが『鶏源』や『熱血らーめん』がお気に入りです。
どちらもこれまでに、“待ち”を経験したことがありません。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衣笠大公:

« 戸塚神風 | トップページ | 夏六本木 »