カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 皐月丸仙 | トップページ | 点検後麺 »

2016年5月 7日 (土)

身体点検

今年のゴールデンウィークは何処にも行かない事に決めた。でも休養するだけではもったいない気がした。なので人生初の人間ドッグに申し込んでいた。3月に亡くなった母は我の体の事を心配してくれていたので、供養の意味を込めて受診を申し込んだのだ。普段の週末休暇に受診するのは色々面倒でやったことがなかったからいい機会だと捉えた。連休中でもなかなか予約は取れなかったが、半ば強引にねじ込んだ。申し込んだ診療機関が所属する会社の健康保険組合の補助申請が間に合わないと日程変更を検討するように行ってきたので、健康保険組合にネットで申請を出し事無きを得、本日受診する事となった。送られてきた受診票には検便検尿の容器が添付されていて、本日までに済ませた。検尿は当日朝一のものと指定があった。

160507minatomirai00 診療機関はみなとみらい駅近くで朝8時から開始だった。10分前から入口は開くらしいので立ち待ちした。いつもラーメン店で待つ要領と同じなのでさほど苦にならない。で結局一番乗りして腕に付けるバンドの受診番号は1番になった。受付で受診票をまず渡す。それから定刻8時きっかりに診査の受付が始まった。検便検尿を渡してオプション検診はないか確認する。1日人間ドッグ基本コースでオプションは付けないで申し込んだが、事前申請が必要な内視鏡検査はして欲しかったので可能か尋ねると、本日は空きがあるので出来るとの事。これはラッキーだ。バリウムが嫌なわけではない。会社の健康診断と同じ事をしていたのではわざわざ時間を割いて人間ドッグに来た意味が薄くなり、しっかりと点検したかったからだ。流れとしては会社の健康診断と変わらない。ただ空いた検診のところに促してくれるのでよりスムーズ。内視鏡検査は最後の辺りで行った。事前の診査で鼻から入れるか口からにするか選択するのだが、我はその時風邪気味で鼻と喉の奥が腫れていたのでその事を正直に言っておまかせした。結局一般的にスムーズと言える鼻から入れる事になった。左右どちらの穴から入れるか聞かれたので、まだ通気が楽な右からにしてもらった。鼻の穴を広げる処置と麻酔をされる。薬が鼻から喉へ流れてきて不快だった。でもこんなのはまだ序の口。内視鏡を実際に入れられ、鼻の奥から喉、胃に達するのが感覚でわかる。これはとても不快だ。医師に「余裕があったら一緒にモニターを見てください」と言われながら説明してくれるのだが、とてもモニターを見ていられない。同時に空気も中に入れられ気持ち悪い。痛くはなかったけどバリウムに勝る不快感だ。でも医師からは診査はスムーズで結果も良好だと言われた。次回からも内視鏡の方を勧められた。

最後の診断で白血球の数値が高いと言われたが、これは事前に話していた風邪気味だからだろうと言われた。そんな事もわかるのか。その他大きな問題は今日の時点では発見されなかったと言われ一安心。最終の検診結果は2週間後に自宅に届くようだ。それにしても1日人間ドッグに申し込みながら何と9時半過ぎには全て終わってしまった。感想は「最新の機器で行う健康診断」といった感じ。会社のものとそう大きな違いはない。色々オプション付けると違うんだろうけど。ともかく今日は何も無くて一安心した。でも早く終わり過ぎた。最低でも午後過ぎまで拘束されると想定していたので、これからどうしようかと雲ひとつない空を見上げた。

« 皐月丸仙 | トップページ | 点検後麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身体点検:

« 皐月丸仙 | トップページ | 点検後麺 »