カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 横浜天有 | トップページ | 六角昭和 »

2016年3月25日 (金)

新横千晃

会社も期末ということで何となく仕事も慌ただしい感じだ。それでも週末金曜日。帰宅途中、新横浜駅で途中下車。駅近くにあった『伏龍』の跡地に今月14日に開店したというので寄ってみた。『麺家 千晃(ちあき)』という店で、他の飲食業界からの転業らしい。横浜家系ラーメンとしびれまぜそばの2本立てのメニュー構成だとか。早速入店。入口すぐに券売機。厨房は奥にあり見えにくいが、男の店員3人と若い女の店員1人。一列6席のカウンター席と2人がけテーブルが16卓もあり4人卓に組合させてたりする。席は予め指定された。先客1人後客2人。

160325menyachiaki00 160325menyachiaki01 麺家 千晃

『ラーメン並(麺かため・油多め)』780円+『小ライス』 100円=880円

普通ラオタと言われる人達はしびれまぜそばに流れるのだろうが、我は家系ラーメンの方だと入店前から決めていた。いつもの好みと小ライスを付けて注文。それにしても家系ラーメン基本780円というのはなかなかの強気価格。でもいくらなんでも店主も自覚しているはず。質にこだわったって事かな?麺は平打気味のストレート太麺。具は家系標準。でもチャーシューが大きく厚い。スープは感動はしないが普通に美味しい。久々に満足する食事になった。でも店を出た後やはり胃もたれ気味になってしまった。

« 横浜天有 | トップページ | 六角昭和 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新横千晃:

« 横浜天有 | トップページ | 六角昭和 »