カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 果汁無麺 | トップページ | 辛韮玉麺 »

2016年2月 6日 (土)

湘南拉麺

「はまれぽ.com」という地元横浜の気になる細かいところをレポートする面白いサイトがあり、家系家系図等ラーメン関連の記事も多く出ていて楽しみに見ていたりする。そこで「湘南ラーメン」なるものが紹介されていた。…何それ?記事を読み続けると、平成6年に湘南ナンバープレートが出来、湘南地区に注目が集まったのをきっかけに湘南名物として生み出された町おこしラーメンらしい。「湘南ラーメン」の定義は、乾燥ワカメを粉砕し練り込んだ緑色の麺を使うという事のみ。たとえ麺に練り込もうが地元の名産品を使っただけ、という生産者側だけの都合で、消費者側の事を考えていないという時点でダメダメ。案の定すぐ廃れたらしい。でもこの記事の秀逸なところは、今だに「湘南ラーメン」を提供している店を探しだして実食レポートしているところだ。でもそんな記事を読んだからって実際に足を運ぶヤツなどは我以外にいないのでは?誰に頼まれたわけでもないけど妙な使命感を感じて、その店へ行ってみる事にした。その店は『ぐるめっこほうざん』。元々は『中華料理 鳳山』という屋号で昭和49年創業したらしい。場所は北茅ヶ崎駅から徒歩7~8分のところにある。北茅ヶ崎か。相模線というのは本数が少ないし厄介だな。横浜で東海道線快速アクティーに乗れたが、茅ヶ崎駅に降りた時、相模線までの乗り換え時間が1分くらいしかなく走って走って滑り込み乗車する形になった。一駅目の北茅ヶ崎駅で下車。駅前は何もないと言っていい。相模線沿線の雰囲気、久々だ。今日は薄い雲が全体的にかかり青空が透けて見える感じの空。比較的暖かく、コートを着たまままで歩いていると汗ばむ感じ。徒歩8分程度で目的の店に到着。結構大きめなでファミレスのような感じ。でもどこか田舎っぽい垢抜けない雰囲気。入店してみると中もファミレスのようで中華料理店らしさは全くない。ガランとしていて人気があまりなく誰も出てこない。しばらく入口で待ってみる。付近の棚にウルトラマンや怪獣のフィギュアがたくさん陳列されている。子ども好きの店主のようだ。ようやくファミレス店員風の制服を着たおばさん店員が出てきて「お好きな席へどうぞ」と言ってきた。入口付近のテーブル席に座る。4人がけテーブル席が7席ぐらいと座敷にテーブルが3卓置いてあった。壁には画用紙にマジックで手書きされたメニューがたくさん貼られている。メニュー数が尋常ではなく風変わりな名前のメニューが多い。やたらとメニューを増やしていく飲食店は危険なのだが、こちらは果たしてどうだろう。広い店内に先客おばちゃん1人と後客おじちゃん1人。いずれも常連のように店員と話していた。案の定もの好きに足を運んだのは我1人のようだ。

16020houzan00 16020houzan01 16020houzan02 ぐるめっこほうざん 『湘南ラーメン 海』 950円

記事にもあるが、この店の湘南ラーメンは帆立、アサリ、海老、イカなどのシーフードをつかった「海」、チキンと玉子を使った「空」、キノコ、ワカメ、肉を使った辛味の「大地」の3種類提供している。我は今回筆頭シーフードの「海」を注文した。麺は確かに緑色した中太ストレートのものを使っていた。具は大量のほうれん草、中央部にはイカ、海老、アサリ、帆立がある。スープは多少胡椒が入ったあんかけ塩スープ。ほうれん草のスープといった感じでラーメン感は希薄。美味しかったけど、この値段ではないな。

店を出ると近くに神奈中バスの茅ヶ崎営業所があり、バスが結構頻繁に通っていた。なので帰りはバスで茅ヶ崎駅まで戻った。5分程度で戻る事が出来た。

« 果汁無麺 | トップページ | 辛韮玉麺 »

コメント

湘南ラーメンの訪問をなさるとはさすがですね!

私も先日、ワカメの麺をいただいたのでついカキコしてしまいました。
北茅ヶ崎はちょっと不便ですが、「ぐるめっこほうざん」も行ってみたいですね。(*^-^)
「DAIKUMA」で有名になった駅にこういうお店があったのですね。

ryuryuryu星人様、コメントありがとうございます。
湘南ラーメンを食べる為だけに行ってしまいました!我ながらもの好きにもほどがあるって思います。「DAIKUMA」という店は行ったことがありません。機会があれば行ってみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南拉麺:

« 果汁無麺 | トップページ | 辛韮玉麺 »