カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 復活香月 | トップページ | 湘南拉麺 »

2016年2月 5日 (金)

果汁無麺

今日は定時退社日の金曜。いつも参考にしているラーメン掲示板で町田に気になる新店情報があったので帰宅前に立ち寄る事にした。その店はちょうど1年前に訪問した西荻窪にある奇抜なラーメン店『パパパパパイン』の2号店。店の名前は『八十一番』。No.81=ノーパイン。今度の店は果汁は使わない奇をてらわないラーメンという事か。場所は町田駅近くの仲見世商店街の中。渡なべ系列の『基motoi』の跡地だね。あれだけあった魚介豚骨系が次々と消滅していくなあ。先月30日開店したらしい。到着したのはちょうど夜営業開始で店主が「営業中」の札をかけるタイミングだった。1番乗りで入店。入口すぐ脇に券売機。厨房には店主を含め男の店員2人。白いタイルのL字型カウンター9席のみ。そこには大きなガラス瓶の下に蛇口がついていたものが定間隔に置かれ、セルフで水をコップに注ぐ。後客3人。

16020581ban00 16020581ban01 八十一番 『特製うま味塩そば(細麺)』 1100円

今日は連食するつもりはないので特製を注文。細麺か中細縮れ麺を選べる。白い生地の中に粒粒が見える。ねっとりとした食感。わけぎ、乾燥えのきの素揚げと珍しい具がのる。鶏と豚2種のチャーシューが各々2枚づつ。バルサミコ味玉なるものも丸1個入っており、黄身トロリで冷たい。鶏と昆布と鮪から出汁を摂った塩スープ。そこに帆立オイルを入れたのだという。食べてみるとこの帆立オイルが効いて貝風味の塩スープといった印象。これは美味い。腹が減っていた事もあり久々に完食マークを出した。満足満足。

« 復活香月 | トップページ | 湘南拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果汁無麺:

« 復活香月 | トップページ | 湘南拉麺 »