カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 六角柴田 | トップページ | 赤道味噌 »

2015年12月26日 (土)

冬新潟訪

先週山形鶴岡に行ったばかりなのに今週は新潟に来てしまった。雪国は嫌いと行っておきながら…。新潟にある気になる店を知ってしまい、悩んだ結果遠征を決定。先週訪問した鶴岡の状況から、積雪は未だ大丈夫だろうと判断。来週になれば帰省ラッシュだし、今週は今年最後の週末パスが発行されるし。等々の理由で今週火曜日の時点でチケットは事前購入していた。時は金なり。でも後から時は金で買えない。今しかないのだ。

151227niigata01

新潟に到着したのは10時くらい。さすがに空気は横浜より確実に冷たい。でも路上に積雪などは皆無。午前中はどんよりと曇っていたけど、昼過ぎには気持ちの良い青空が広がった。

さて本命の店にはバスに乗って行く予定なので、新潟駅から徒歩10分くらいのところにある万代バスセンターに向かった。目的店に行くまで未だ時間があったので、先に前から食べてみたかった新潟名物を食べる事にした。新潟B級グルメの代表格「イタリアン」を提供する『みかづき』という店だ。このバスセンターの2階にある。行ってみるとファーストフード店然とした店だった。早速入店。カウンターで口頭注文。調理に時間がかかるというので席に座って待つ。クーポン券を貰ったので待っている間見ていると、20店舗ほど展開してイオンなどのフードコートなどにも入っているみたい。またメニューには大判焼きやたこ焼き、おしるこやソフトクリームもあり甘味処を兼ねたファーストフードって感じ。これって名古屋の『スガキヤ』に近いポジションなのでは?

151227mikazuki00 151227mikazuki01 みかづき 万代店 『イタリアン』 330円

5分ほどで店員が席まで持ってきてくれた。小ぶりの発泡スチロール製の皿に入った、とてもチープな一杯。蒸した中華麺に甘辛いソースを絡め、具はもやしとキャベツが入っている。つまり焼きそばの上にミートソースをかけたものが、新潟県民のソウルフードと言われる「イタリアン」という事になる。生姜の細切りが添えられている。店の創業は明治時代で、3代目店主が昭和35年頃考案したらしい。我は今回ミートソースがかかった基本メニューを注文したが、他にもホワイトソースやカレーソース、トマトツナなど様々なソースをかけたバリエーションが存在する。味も懐かしい、小学生が好みそうな感じ。値段も小遣いで買える範囲。これで育った新潟の子供たちが大人になったらソウルフードって言うよね。ともかく前から気になっていた「イタリアン」を本場で食べる事が出来て良かった。

その後、バスに乗車し目的のラーメン店などを訪問。それは別の記事にて。そのまま再びバスセンターに戻ってきた。そのバスセンターにはもうひとつ、新潟市民のソウルフードと言われるものが存在した。バスロータリーに隣接する『名物万代そば』という立ち食いそば屋で提供されているカレーがそれだ。新潟で一番有名なカレーだそうで、レトルトカレーとして土産物販売されているほど。訪問時大勢の人達で賑わっていた。売り切れ次第終了らしい。店の外に券売機があり食券を購入して店員に差し出す。順番を待ちトレイで受け取り好きな場所で立ち食いをするシステム。

151227bandaisoba00 151227bandaisoba01 名物 万代そば 『ミニカレーライス』 380円

筆頭のミニカレーライスを注文。通常サイズだとかなりのボリュームなのだそうだ。出た!そば屋で出てくる黄色いカレー、もしくは学校給食のカレー。我がゲンナリするタイプのカレーだ。真っ黄色のルーが多めにかかっておりご飯が見えない。具は豚こま、大きめの玉ネギ、ニンジン。真っ赤な福神漬けも最初から多めにのっている。見かけによらず粉っぽくなく、辛さもそこそこあった。カレーとしてはそば屋のカレー然だけど満足した。

この後新潟駅の方に向かった。

« 六角柴田 | トップページ | 赤道味噌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/62943558

この記事へのトラックバック一覧です: 冬新潟訪:

« 六角柴田 | トップページ | 赤道味噌 »