カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大石家継 | トップページ | 御大旅立 »

2015年11月29日 (日)

藤沢初鴇

151129fuji01 今朝も良い天気だったのだがすっかり寝坊してしまい太陽も昇ってしまっていたので根岸森林公園へのウォーキングはさぼってしまった。朝食を食べた後に出発。家の近くからでも雪化粧した富士山が望めた。今日は藤沢の未訪問店を狙う。その前に髪の毛が伸びてしまったのでQBハウスに寄ろうとちょっと早めに家を出た。横浜から東海道線に乗り藤沢に到着。到着してから判ったのだが、藤沢駅周辺にはQBハウスが無かった。仕方がないのでちょっと早いけど目的店に向かってしまおう。駅北口から出て辻堂方面へ線路沿いを歩くこと8分ほど、一本松の陸橋の手前辺りにある『らぁめん鴇(とき)』だ。今年の6月8日にオープンした新店ながらネット上では高い評判がされている。店主は横浜から目黒へ移転した『麺や維新』出身だとか。到着したのは開店時間の15分も前。流石に早く着きすぎたなと思っていたが、何と既に2人店前で待っていた。早速後に並ぶ。祖の直後からどんどん我の後ろに人が並んでいく。予定より2分くらい前倒しで開店し客入れが始まった。その頃には10人を越える行列が生じていた。先客につづいて入店。入口脇に券売機。店内は小綺麗な小料理屋といった雰囲気。厨房にはおとなしそうな若い男の店主1人。厨房前に一列のカウンター6席と4人がけテーブル席1卓。

151129ramentoki00 151129ramentoki01 らぁめん鴇 『醤油』 750円+『味玉』 100円=850円

筆頭基本メニューに味玉付きを注文。麺は中細ストレート。具は薬味ネギ、メンマ、豚と鶏の2種のチャーシュー各1枚、別トッピングの味玉丸1個。上品な醤油の味がしっかりと出ていながらしょっぱさは感じない不思議。鶏油の旨味を感じながらさっぱりとする不思議。鶏チャーシューの柔らかさとサッパリ感、味玉の黄身の味の濃さとしっとり感。これは評判が良いのに納得。あまり比べてもなんだけど、個人的には修行先という『麺や維新』で最初に食べた時より感動のインパクトより大きい。大満足だ。店を出ると何と20人以上の行列が出来ていたが、その理由が納得出来た。早めに来店しておいて良かった。

次に狙った店は「葱の魔術師」の異名を持った名店『めじろ』の後を継いだ『こじろ』なる店。『めじろ』藤沢店はいつの間にかひっそりと店を閉じてしまったんだよな。そんな事を思い出しながらまた駅へと戻ってきた。すると「QBハウス」のような店を発見。「Unicut1000」という看板。二番煎じの店?ともかく渡りに船だ。早速入店した。本家は消費税分のせて1080円だが、こちらは1000円ポッキリで競争力を出している。しかも全然待たずにやってくれた。仕上がりも満足だ。それから更に大船方面に歩を進め店に到着したのだが…。臨時休業?それとも本家と同じくひっそりと店を閉じたか?なんの貼り紙もなくただ準備中と書かれた札が下がっているだけ。店の前にゴミ袋とか置いてあり営業している感じじゃなかった。

151129kojiro00 麺屋こじろ

仕方ないのでスマホで近くのラーメン店を検索。今考えれば何もラーメン店にしなくてもよかったのだが、2杯めのラーメン食べる気まんまんだったのでつい。見つけたのは『らーめんYuToRi』という店。昨年11月1日に開店したらしい。ガラス張りの店舗で入ってすぐ券売機がある。内装はファミリー向けの明るいデザイン設計がされていてラーメン店らしくはない。厨房には若い男の店員3人。厨房前に一列7席のカウンター席が並んで2本。4人がけテーブル席3卓。先客9人後客8人。

151129yutori00 151129yutori01 らーめんYuToRi 『ラーメン(麺かため)』 700円

一見家系のように見える豚骨醤油ラーメン。麺は太麺ストレート。具の構成とかは家系に準じる。食券を渡した時好みとかは聞かれなかったが、麺かためで頼んだ。スープはやや醤油だれが濃いめでしょっぱく感じた。

今晩は家ですき焼きの予定なので近くのスーパーで食材を買ってから大船経由で最寄り駅に向かった。

« 大石家継 | トップページ | 御大旅立 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢初鴇:

« 大石家継 | トップページ | 御大旅立 »