カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 辻堂渦雷 | トップページ | 藤沢初鴇 »

2015年11月28日 (土)

大石家継

今日は夜明け前から雲ひとつない秋晴れの休日を迎えることが出来た。美しい朝焼けを見ながら根岸森林公園への早朝ウォーキングもかかさずに行った。帰宅後思い切ってOSをWindows10にアップグレード実行。

今日の食べあるきは久々に相模原方面へ。JR淵野辺駅付近の線路沿いにはかつて『肥後っ子大石家』という個性的な店があった。店の前には店主の似顔絵イラストがたくさん貼られて、飲食の持ち込み自由。但し店主は無類の話し好きで躁状態なのではと思うほど。我も訪問時捕まってラーメンを味わうといった事が出来なかった。その時に貰ったラーメン作りのDVDは何処へやってしまったかな。結局見なかったなー。そんな元店主の元で修行し店舗まで譲り受けた現店主が今年3月13日に開店させたのが『らーめん梅吉』。不定休で昼のみの営業なので会社帰りに訪問というわけにはいかず、ちょっと気になっていた店なのだ。店に到着すると無事白い暖簾がかかっていた。早速入店。厨房には男の店主1人だけ。今度の店主は仕事中は寡黙になる普通の店主でひと安心。逆L字型カウンター6席のみ。水と荷物用の籠はセルフ。入口上に壁掛けテレビ。口頭で注文。前後客ゼロ。
151128umekichi00 151128umekichi01 らーめん梅吉
『佐賀熊本濃厚とんこつ梅吉らーめん』 680円
屋号を冠するメニューを注文。今度の店は何故か佐賀熊本を名乗っている。どこらへんが佐賀なのだろうか?通常の「らーめん」もあるがそちらはあっさりでマー油やニンニクも少なめなんだそうだ。麺は中細ストレート。具は青ネギの小分け切り、きくらげの細切り、フライドガーリック、海苔1枚、スライスチーズ1枚、チャーシュー1枚。やっぱり豚骨スープにチーズは合うねー。そしてマー油も合う。どの店も豚骨ラーメンは海苔並にチーズ標準にして欲しい。まー好みも人それぞれか。前の店ではラーメンを味わうところではなかったけど、今回しっかり味わえて良かった。満足。
次は2012年2月に開店した『山猫亭』という前から気になっていた店を狙う。駅から結構距離がある立地の店なのでこの機会に行ってみようという気になったのだ。それにしても今日は抜けるような青空が広がり、遠いはずの丹沢の峰々も近くに感じる。10分ほど歩いて店に到着した。他の店舗と横並びにつながった建物の中央に目的の店の看板を発見。早速入店。厨房は仕切られて中は見えなかったが、おそらくおじちゃんおばちゃんの店主夫婦2人。壁にはメニュー写真が沢山貼られていた。内装や椅子などに手作り感を感じるアットホームな雰囲気だ。一列のカウンター7席と座敷に4人テーブル3卓。先客3人後客3人。いずれも近所の住人か職場の人らし客で、地元に支持されている事が伺えた。口頭で注文。
151128yamanekotei00_2 151128yamanekotei01_2 らーめん 山猫亭 『香り塩(細麺)』 650円

メニュー表にのってない壁に貼られた限定メニューを含めると結構なメニュー数があったのでちょっと迷ったけど、迷った時は筆頭メニューの法則を発動。花咲蟹の出汁を使った函館塩ラーメンなのだそうだ。麺は細麺と中太麺から選べる。個人的な経験から塩には細麺といった印象があるので細麺を選択。緩やかな縮れがある白っぽい麺。具は多めの薬味ネギと水菜、メンマ数本、チャーシュー3枚。やや濁ったスープはラード多めの塩スープ。普通に美味しかった。
帰りは途中から相模原駅行きのバスに乗り相模原駅に出て、駅に隣接したスーパーで食材を購入。横浜線快速に乗り横浜に戻った。

« 辻堂渦雷 | トップページ | 藤沢初鴇 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/62765941

この記事へのトラックバック一覧です: 大石家継:

« 辻堂渦雷 | トップページ | 藤沢初鴇 »