カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 旅後疲労 | トップページ | 秋後楽園 »

2015年9月22日 (火)

連休新宿

今朝もウォーキングは断念し静養していたのだが、日が高く昇るし、熱も下がってきたのでたまらず外出。昨日はラーメン抜きだったので今日は美味いラーメンが食べたいぞ。稚内では塩続きだったので、濃厚な味が食べたいなと思った。煮干し系とかいいかもな。でも今は連休中だし行列するような店は体力的に厳しい気がした。そんな時は都内に出ればいい。突発的に行動に移したのでいつものような計画はほぼ立てず、何となく新宿に出れば何とかなるだろうとみなとみらい線に乗って1本、新宿三丁目駅で下車した。東京の地下鉄は大概そうだが、三路線が立体的に接続されているので迷宮のダンジョンと化していた。そのダンジョンを抜け出て地上に出てようやく辿り着いた目的の店は『煮干し中華そば 鈴蘭』という店だ。開店は3年前の5月末。今は早くも中野に支店も構えている。店主は西新井にあった魚介豚骨ラーメン店『椿』出身らしい。店頭には「煮干しの旨さ教えます」の文字。おお、教えてもらおうじゃないの。行列は無かったので早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員3人。厨房周りに変形L字型カウンター12席と4人がけテーブル席1卓。先客5人後客5人。

150922suzuran00 150922suzuran01 煮干中華そば 鈴蘭 新宿店 『煮干そば』 780円

筆頭基本の「中華そば」はあったけれど、今日は煮干しラーメン食べたくて来たので「煮干そば」を注文。麺はかために茹でられた中細ストレート。正しい。具は薬味ネギ、穂先メンマ、ナルト1枚、海苔1枚、レアなチャーシューが2枚。そして玉ネギの角切り。正しい。苦味を感じるほどの濃厚な煮干し主体のスープ。正しい。どれもが今我が胃袋に入れたかったものだ。バランス感覚がとても良い。限定なんかでバランスを崩すほどの濃厚煮干しをやるのはやっているようだけど、一般メニューではこれが正解でしょう。満足の一杯だった。

更に西武新宿駅方面に歩を進める。花園神社を抜けゴールデン街も通ったので、煮干し繋がりで『凪』もいいかと思ったけど、店外に行列が生じていたので却下した。また外国人に人気があるというロボットレストランというものを発見。ただイラストで描かれた大看板が設置されたビルだったけどね。更に歩を進め歌舞伎町を横切って2店目の目的店に到着。その店の名は『焼きあご塩らー麺たかはし』。今年2月20日に開店したばかりの新店だ。店主は『本丸亭』出身らしい。店前に行列無し。店外に券売機があり券を買ってガラス戸を開け入店。ガラス張りの店舗だ。東京らしいね。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房周りにL字型カウンター13席。ちょうど先客が1人出て行ったばかりだったのですぐ座れた。後客は店外待ちになった。入口に荷物入れ用籠があったのでそれを持って足元においてリュックを下ろした。

150922takahashi00 150922takahashi01 焼きあご塩らー麺 たかはし 『焼きあご塩らー麺』 800円

もちろん筆頭基本メニューを注文。面白いのは醤油味の方は背脂醤油になっていること。この振り幅がなかなか我の好みだ。着丼してふと思ったのは何となく新潟長岡の行列店『いち井』の塩に似てるなって事。気のせいかもしれない。麺は粒粒が見えるプリプリした強い食感のある中太縮れ平打ち麺。具は白髭ネギ、水菜、メンマ数本、チャーシュー2枚。まずスープを一口啜る。「うおっ!」と心の中で叫んだほど焼きアゴの味わいと香ばしさを感じた。この香ばしさは先ほどの煮干しとはぜんぜん違う風味だ。但し…長続きしない。何故か風味は最初だけ。後は何だかわからない。麺も違和感を感じてくるプリプリ食感。所謂バランスがちゃんと出来ていない様に感じてしまった。我が連食中だからなのかもしれないけど。

更に歩を進め新宿思い出横丁へ入って禁断の三連食。ラオタが新宿思い出横丁と言ったら、それは『若月』。我にとっては実に8年ぶりの再訪となる。過去一度再訪しようと尋ねたら臨時休業喰らった思い出があった。今日こそリベンジと思い見せに行くと赤い提灯が無事出ていた。厨房には8年前と変わらずおばちゃん店員が1人で切り盛りしている。L字型カウンター13席のみ。先客5人後客1人。口頭で注文。

150922wakatsuki00 150922wakatsuki01 中華 若月 『ラーメン』 480円

8年前と同じ筆頭基本メニューを注文。80円値上がってはいるが、今の時代、新宿駅すぐそばという立地でこの値段は奇跡だ。縮れの強いかために茹で上がった中太平打麺。具は薬味ネギと数本のメンマ、小さなチャーシュー1枚。スープはもう…鶏ガラとか何と事細かに書く事が野暮に思われる、醤油ではなく正油と書くのが正しいというようなスープだ。でも今更ながら麺にはちょっと「おっ?」と思わせるものがあった。自家製麺と書いてあったな。なんにせよ今日は新宿の今のいろいろなタイプのラーメンが食せてよかった。食べ過ぎたけど…。

新宿湘南ラインに乗り帰路についた。

« 旅後疲労 | トップページ | 秋後楽園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休新宿:

« 旅後疲労 | トップページ | 秋後楽園 »