カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東池袋歩 | トップページ | 最北到達 »

2015年9月17日 (木)

壱角家黒

秋の5連休、シルバーウィーク前日の夜。ところが秋の長雨は今週も再開し今夜も雨が降っている始末。それでも新店に寄ろうとやって来たのは先月26日に開店した『壱角家』関内店。関内店とはいえ、あるのは本町のハローワークの対面、元『らんぷ亭』があった場所。『東京チカラめし』だけではなく、牛丼チェーンの『らんぷ亭』まで家系ラーメン店になってしまうという事態になった。一都四県で既に61店舗展開。横浜市内でも日吉と日の出町に続いてここは3店舗目だ。家系は進化したラーメンショップ。そういう風に考えれば不思議な事では無いのかも知れない。早速入店。入口両脇にタッチパネル式券売機。相変わらず判りづらい。厨房には男の店員1人とおばちゃん店員2人。各所にカウンター席が計18席、ベンチシート10席、テーブル席4席、対面シート8席。先客10人ほど後客5人。

150918ikkakuyakannai00 150918ikkakuyakannai01 横浜家系ラーメン壱角家 関内店

『黒家系ラーメン(麺かため・油多め)』 780円

こんなゴリゴリのチェーン店で普通の家系ラーメン注文してもつまらない。そう思いメニューを見てみると「赤家系ラーメン」というのがあったのでそれを注文しようとしたが、先のタッチパネル式券売機でいくら探しても無いんだよ。券売機に手間取っているのかと思ったおばちゃん店員が寄ってきたので確認したら、「それはまだやってなくて…」と言った。そういうのは店頭メニューから伏せとけよ!文字通り看板に偽り有りで時間の無駄になった。だったら「黒家系ラーメン」にするよ。味は想像はつくけど。荷物入れの籠を持ってきてくれたりと接客は良かった。ラーメンも一定の水準は確保されており、外食で腹を満たすには満足出来るものだった。マー油も結構強めに入っていた。無理にケチをつけるなら面白みがないだけ。それは大きいけどね。メニューは他に油そばやつけめんなどの麺類以外に、ギョーザ、唐揚げ等の単品や、アルコール&つまみ類も充実。チェーン店ならではの敷居の低さと使い勝手の良さはありそう。午後7時過ぎだったが客入りは結構良かった。

« 東池袋歩 | トップページ | 最北到達 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/62300308

この記事へのトラックバック一覧です: 壱角家黒:

« 東池袋歩 | トップページ | 最北到達 »