カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 野毛夜麺 | トップページ | 秋葉豚辛 »

2015年6月27日 (土)

家系咖喱

昨夜は遅く帰宅し疲れが溜まっており、朝の根岸森林公園へのウォーキングは断念。つーか雨が降っていたし。2度寝してしまい9時頃起床。雨は止んでいたが厚い雲で覆われており蒸す感じ。まだ疲れていたから3度寝したい気持ちをグッと堪えて身支度をして家を出る。

150627uenotakahashi02 今日は久々東京方面へ。京浜東北線に乗り上野で下車。久々だなあ上野なんて。前の会社に勤めてた頃はよく来たので懐かしい気がする。その時よく入ったおもちゃ屋『ヤマシロヤ』に入ってみた。もちろん何も買わなかったけどね。それから戦後闇市の時代から続くアメ横方面に歩を進める。そのアメ横に入る前に本日の遅めの朝食として狙いをつけていた店へと向かう。『麺屋武蔵 武骨』…でもないし、その向かいの『らーめん玉 超大吉』…でもない。狙いは『麺屋武蔵 武骨』の隣のビルの二階にある『ウエノタカハシ』という店。ラーメン店ではなくカレーを出す店だ。ラオタらしからぬ行動だが、今回はネタ要素が強い。この店の看板メニューはその名も「家系カレー」。豚骨スープを使ったカレーなのだという。家系ラーメンもカレーも大好物である我にとってはとても興味を惹かれる。早速入店。入口は狭いが店内は広い。厨房には若い男女の店員が2人。厨房前に一列のカウンター3席、あとはテーブル席で2人がけテーブル席が3卓、4人がけの丸テーブルが1卓、あとはソファーのような大きめの4人がけテーブル席が5卓。窓は全体が開け放たれオープンテラスのようだ。前後客ゼロ。口頭で注文。
150627uenotakahashi00 150627uenotakahashi01 150627uenotakahashi03 ウエノタカハシ 『家系チャーシューカレー』 880円
ドリンクバー&スープも付いていた。ルー部分にはほとんど具は入っておらず、ライス側に添えられた具は家系ラーメンを彷彿させるほうれん草、半味玉、巻きバラチャーシューが6枚くらい。海苔が付いていたら完璧だったけどそれは別トッピングだったようだ。海苔の食べ方指南が書かれた印刷物もあったというのに。で、肝心の味だが、我の駄舌では豚骨は感じられる事は無く、横浜の『カレーハウス リオ』と大差ない感じだった。カレーだからね。豚骨醤油の味であるはずもないんだけどね。まあ今回はネタとして食べたという事で満足。
アメ横中心部を通り御徒町駅方面へ更に歩を進めるとあったあった。実は本日のメインはアメ横筆頭店『二木の菓子』だ。以前テレビ番組で紹介されていたのを見て以来行きたいなあと思っていたのだ。我は旅行に行くと、その先々のスーパーで食料品を物色するのが好きなのだが、ここは地方でしか買えないような物品がここでは沢山品揃えしてあるというのだ。実際店内をまわってみると童心に帰ったように樂しくて欲望のままに買い物カゴに入れてしまっていた。
150627nikinokashi00 150627nikinokashi01 二木の菓子 第一営業所&ビック館

« 野毛夜麺 | トップページ | 秋葉豚辛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/61801875

この記事へのトラックバック一覧です: 家系咖喱:

« 野毛夜麺 | トップページ | 秋葉豚辛 »