カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 伊麺豚骨 | トップページ | 六三一麺 »

2015年6月20日 (土)

野毛朝麺

昨年同様6月に入ってからというもの分かり易く雨の日が多い。昨日も結構雨が降ったが、早朝起きて空を見上げると雲がほとんどない。今日は晴れそうだ。なので日の出前の朝4時半に根岸森林公園へウォーキングに出発。この時間だと人は少ないのはもちろんだが、鳥達が活発に活動するんだな。鶯が三羽並んで柵の上にとまっているのを見た。雀よりも一回り小さく、小ささに驚いた。こんな感じで同じところを歩いていても日々発見があるのでウォーキングは飽きずに続けられる。森林公園も先週の雨降りの時より人が少なく快適。雨上がりの翌日の朝、風はしっとり涼やかだ。

1時間のウォーキングを終え家に戻ったが10時くらいに再出発。日の出町近辺の新店を狙う。『おでん旬彩 野毛八』というおでん屋が昼の時間『麺処 野毛八』としてラーメン店として今月11日に営業を始めたという。しかも土日は朝9時から営業という朝型の我には嬉しい限り。野毛という場所もいいね。ウォーキングには良い距離かも。店に到着するとラーメンと書かれた幟が立っており、ラーメン屋らしく見える。早速ドアを開け入店。厨房には男女の店員2人。一列のカウンター7席と4人がけテーブル席3卓。こちらも見た目標準的なラーメン店の感じで少なくともおでん屋には見えないが照明が極端に少なすぎ、どうにかならんのかというほど暗い。先客1人後客ゼロ。
150620nogehachi00 150620nogehachi01 麺処 野毛八 『汐らぁ麺』 730円+『味玉』サービス
店長おすすめと書かれた筆頭メニューを注文。味玉orワンタンをサービスしてくれるというので味玉をお願いした。麺はもちもちした食感の中太ストレート。具は薬味ネギ、揚げネギ、水菜、メンマ数本、ちくわ2切、ナルト1個、豚チャーシューと鶏チャーシューが書く枚づつとなかなか豪華。ちくわが入っているあたりおでん屋らしい主張。サービスの味玉は黄身しっとりタイプ。スープは最初揚げネギの香ばしさが来たが、貝系の出汁が効いた最近の塩ラーメン、ならぬ汐ラーメンといった感じ。なかなか美味しい。ラーメン通ぶれば麺量が多いのかスープが少なく感じたくらい。味はなかなかに美味しいので今度は醤油の方を食べに来たいな。ラーメン通と言えば先客が「全国まわって食べ歩いてるんで…」と店主と話していた。同好の士のようだが、店主が謙遜して「まだまだ素人なんで」と話したからって、別に聞かれもしてないのにまるで「オレのが詳しい」と言わんばかりにそういう事を言うのはちょっとやだな~と思ってしまった。厨房の中と外とでは別世界と我は考えラーメン店店主は基本リスペクトしているつもり。何にせよ朝営業はとても嬉しいので近いうちにまた訪問してみたい。

« 伊麺豚骨 | トップページ | 六三一麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/61767364

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛朝麺:

« 伊麺豚骨 | トップページ | 六三一麺 »