カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 咖喱市民 | トップページ | 蛇目牛鍋 »

2015年4月18日 (土)

南海定番

先週『エチオピア』に訪問したのだが、途中『キッチン南海』の誘惑と闘って振り切って行ったものだから、それが脳裏に離れず立て続けて今週も神保町に訪問してしまった。開店時間直前に行ったら何と長蛇の列。昔から常に満員だったけど、これほどの行列店ではなかったぞ。マスコミが紹介したのだろうか?20人以上は確実にいた。開店時間となり客が店内に吸い込まれていく。ところが何たる事か、我の前でちょうど満席。7分ほどでようやく着席。厨房には男の店員3人と女の店員2人。口頭注文。

Kitchinnankai15041800 Kitchinnankai15041801 Kitchinnankai15041802 キッチン南海 神保町店

『チキンカツ 生姜焼き ライス』 700円
カツカレーを注文する客がほとんどだった。ルーが真っ黒で食欲を刺激するビジュアルなのでそちらに気持ちが傾きそうだったが、ここの本当の定番は所謂盛り合わせ、チキンカツ生姜焼き&ライス。昔からの我の定番でもある。食べるのは久々だなあ。まずはライスに親の仇の如く卓上のごま塩を降る。そしてキャベツとチキンカツには卓上の特製ソースを多めにトロリとかけ、卓上の練り辛子を3袋を皿の縁になすりつける。これぞ我の愛してやまないB級グルメの代表格だ。揚げたてでアツアツ!ころもサクサク、肉厚の鶏肉のジューシーな食感のチキンカツ。玉ネギの甘みととろみがまとわりつく柔らかい豚肉の生姜焼き。懐かしい安心味のナポリタン。水分多めで山盛りになった千切りキャベツ。アツアツのごま塩ライスと一緒に順番に口の中に投入する。B級グルメらしく下品な感じがまたいい。キャベツから出た水とナポリタンソースと生姜焼きの油分、ソースと辛子が混ざり合ってカオス状態。でも幸せとはこういう事かと思うほど満足感を得ることが出来た。大満足の完食だ。
帰りは先週同様、御茶ノ水から湯島聖堂を抜けて秋葉原に寄った。

« 咖喱市民 | トップページ | 蛇目牛鍋 »

コメント

スナック南海という事は夜はカラオケ飲み屋さんなのでしょうか?

ご指摘ありがとうございました。訂正いたしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/61458755

この記事へのトラックバック一覧です: 南海定番:

« 咖喱市民 | トップページ | 蛇目牛鍋 »