カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 空色塩麺 | トップページ | 藤棚麺慶 »

2015年3月15日 (日)

三幸湯麺

ふと「タンメン」の事が気になって調べていた。我はてっきり中国からの伝来料理ではなく、本国にある中華料理の一種、つまりラーメンの原型の一種かと思っていたら、ウィキペディアによると日本の麺料理として紹介されている。発祥の地は東京か横浜だとか。諸説あるようだが、『横濱一品香』が元祖を名乗っている。「タンメン」の調査はまた後日続けるとして、すっかり「タンメン」が食べたくなってしまい出かける事にした家を出た時はそのまま『横濱一品香』福富町店に行くつもりだったが、横浜でタンメンと言えば『三幸苑』か『大来』が有名。両店共タンメンは長い間注文していないと思い、急遽予定変更して『三幸苑』でタンメンを食す事にした。11時開店だと思っていたら11時半開店と貼り紙がされていた。しばらく時間を潰して11時半前に店前に来てみると既に4人が並んでいた。我の後ろにも後客が並ぶ。暖簾がかかると同時に入店。瞬く間に満席となった。口頭で注文。

Sankouen15031500 Sankouen15031502 三幸苑 『タンメンセット』 850円

ランチ限定の餃子4個付きのセットを注文。麺は平打ストレート太麺。もやしや白菜のクタクタ野菜と豚肉。スープはねずみ色がかかっている。白菜の甘みとニンニクが独特の味わいだけど、いい意味でも悪い意味でも老舗の緩さなのだろうなという感想。餃子はフツーに美味しかった。

この後イセザキモールのダイソーに寄り、必要なもの不必要なもの等々を買った。

« 空色塩麺 | トップページ | 藤棚麺慶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三幸湯麺:

« 空色塩麺 | トップページ | 藤棚麺慶 »