カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 再多治見 | トップページ | 生麦蔦重 »

2015年3月27日 (金)

春昼大和

訳あって本日午後半休。最近半休が多いが今回終われば落ち着けそうだ。用事までは未だ全然時間的な余裕があるのでラオタはラオタらしく新店開拓へ。久々に横浜市外の県内遠征。大和の外れの方に最近オープンし、ラオタに注目されている店があるというので行ってみる事にした。駅から北西方向に歩く。今日は雲ひとつない好天に恵まれたので歩いていても気持ち良い。まだ風は冷たいが、一頃に比べれば大分暖かくなってきている。桜はまだ一部咲き程度だが蕾は膨らみつつある。春本番も間近といった雰囲気だ。ウインドブレーカーを脱いでシャツを腕まくりした。15分くらい歩いたところで最初の目的店に到着。『うまいヨゆうちゃんラーメン』というアットホームな雰囲気の屋号を掲げた店だ。昨年12月14日に開店したのだとか。看板に「どっ豚骨♡」とある。そう、この店は濃厚豚骨スープで有名な『無鉄砲』ばりの豚骨スープが味わえる店としてラオタの注目を集めているのだ。早速入店。入口の扉が2段構えになっていて、入口右側に券売機がある。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房前に一列7席のカウンター席に座る。テーブル席は4人がけのものが3,4卓くらいあっただろうが、訪問時保育園帰りだかのママ友集団が子供を連れてきて大騒ぎだったのでよく判らなかった。

Umaiyoyuuchanramen15032700 Umaiyoyuuchanramen15032701 うまいヨ ゆうちゃんラーメン 『ラーメン(麺かため)』 700円

基本のラーメンを注文。家系のように好みが選べるが、味は未知なので麺かためのみ選択。麺は我好みのかたさの平打中太ストレート麺。具は薬味ネギ、きくらげの細切り、ほうれん草、チャーシュー1枚。背脂が浮く豚骨らしいまろやかな茶色のスープ。言うほどドロドロという感じではなかったけど確かに豚骨濃度は高く美味しいスープだった。最後の方は骨髄の粉が丼の底の方に溜まっていた。なかなか面白い店。満足。

『うまいヨゆうちゃんラーメン』は大和駅から15分も歩いたところにある上草柳という土地。この付近にもう一店煮干しラーメンで有名な新店も出来たという。こんな所にまで再訪するのはなかなかないだろう。と言うわけで連食決定。東名高速高架側に歩を進めた。徒歩3分ほどで次の目的店『猫トラ亭』に到着した。ここは約6年前に訪問したことがある『しんたけ』の跡地に昨年9月22日にオープンしたらしい。入店すると店内隅に券売機。厨房には男女2人の店員。内装は落ち着いた雰囲気。TVもあったが無音でB’zがBGMとしてかかっていた。L字型カウンター10席。先客1人後客7人。

Nekotoratei15032700 Nekotoratei15032701 煮干しらぁめん 猫トラ亭 『煮干らぁめん』 700円

筆頭基本のメニューを注文。美しい顔をした一杯。麺の見せ方がわかっているね。煮干しの良い香りがする。麺はストレート細麺。煮干しの粉を練り込んだ麺だということだが、あまり効果はない気がする。でも煮干しラーメンにはこのタイプの麺が断然合っている。具は白髭ネギ、メンマ数本、チャーシュー1枚とシンプル。そして煮干しの味と香りがたっぷりの煮干し醤油スープ。煮干しらぁめんの名に恥じない美味しい一杯。「スープの温度が他店と比べてやや低い」と貼り紙があったが、全然気にならなかった。麺がとても合っている。満足の一杯だった。

ド豚骨とド煮干しのラーメンを立て続けて食べてしまい腹は限界。来た道を戻り駅へと帰った。

« 再多治見 | トップページ | 生麦蔦重 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春昼大和:

« 再多治見 | トップページ | 生麦蔦重 »