カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 大晦日豚 | トップページ | 年初大勝 »

2015年1月 2日 (金)

年初一風

新年 明けましおめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------
Nogeiseyama20150102元旦の空は雲が広がり午後には何と雪がふわふわと降ってきた。横浜で元旦に雪が降るのは10年ぶりだという。そんな底冷えのする日でもあったので予定通り家から一歩も出ず寝正月の1日を過ごした。2日の今日は初詣。伊勢山皇大神宮に出向いた。昨年のお守りや破魔矢をお焚き上げ奉納の為持っていった。到着したのは朝9時半くらい。まだ人出は多くなく、ほとんど並ばず参拝出来た。新しいお守りと破魔矢を購入した。そして昨年台風による土砂崩れで僧侶1人の命と共に改装中の仮本堂を失った成田山別院。今年は事務所のガレージに仮ご祈祷所が設置されていた。このような事態になったところで厄除け祈願というのは複雑な思いがあるが、御本尊自体は無事だったというのでここでも参拝した。
Nogenaritasan20150102
野毛の食品館あおばで食料を買った後、関内方面に歩いて向った。今年最初のラーメンはどうしようかと考えたが、まだ元旦2日目。営業している店はそうそうない。『ゴル家』は野毛、伊勢佐木モールどちらも営業していたけどあえてスルー。どうせなら新店がいいかな、なんて思って先月22日に開店した『博多一風堂』関内店に訪問する事にした。横浜ではもう5店舗目になるそうだ。昔はラーメン店過疎地帯だった関内駅近くに『一風堂』が出来るとはね。場所は『R&B』や『麺屋武一』の並びのビルの地下1階。昔ならいざしらず今や関内駅周辺はラーメン店がひしめき合っているエリア。先の2店に加えて『一本道』、『天下一品』、『おはな商店』、『名人房』、『味の時計台』などがあり、そんな中地下一階の店舗は厳しいのではと思ってしまう。でもそこら辺はプロフェッショナルの『博多一風堂』、当然想定の内で勝機有りと判断したのだろう。入店すると店内が広くて驚いた。厨房前に一列4席のカウンター席2本とテーブル席が26席くらいあったかな。厨房には男の店員6人くらいと女の店員2人。接客は相変わらず丁寧。先客は6人くらいだったが後客はどんどん来た。口頭で注文。
Ippudoukannai00 Ippudoukannai01 博多一風堂 関内店

『赤丸新味(粉おとし)』 830円+『ミニ明太ごはん』 150円=980円
ランチセットメニューを注文。我としては珍しく赤丸新味を選択。背脂がたっぷり入ったスープに香味油と辛味噌が入っているので味はジャンクにな方向に振られる。でも我からすると博多豚骨らしさが失われてしまって味がはっきりしなくなってしまった印象。値段も難有りと言わざるを得ない。明太ごはんは美味しかったけど。これなら我は『天下一品』の方に流れてしまうなー。接客はいいんだけどね。
--------------------------------------------------------------------------
2015年が幕を開けた。個人的には守りに入る年になるとおもうけど、世間的には激動が始まる年なのではと予想している。このブログの主旨から外れるけど、後になって「実はこうなると思ってたんだよ!」と情けない事を言うのは悔しいので今書いておいてしまおう。そろそろ中国のボロが出始める頃だと思うんだよ、あの国らしく極端に。そして人民の目をそらせる為の政策、それは今もやっている事だが、この国に更にちょっかいを出してくるという事はもう目に見えている。正月にこんな事を書くのも何なんだけど、ずっと戦後だと思って過ごしていた日々が、実は戦前だった…何て事も覚悟しなければいけないのかも知れない。

« 大晦日豚 | トップページ | 年初大勝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/60910750

この記事へのトラックバック一覧です: 年初一風:

« 大晦日豚 | トップページ | 年初大勝 »