カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 日出壱角 | トップページ | 味噌日和 »

2014年11月 7日 (金)

成瀬豚骨

町田と、隣の駅成瀬の間に「成瀬街道」と呼ばれる国道140号線がある。と言ってもだいぶ北の方にあり、どちらの駅からも離れていている。そんな場所に豚骨ラーメン店が2軒あるのを知り行ってみる事にした。まずは『たつ屋』だ。この店は以前長津田駅からちょっと歩いた場所にあり約5年ほど前に一度だけ訪問していた。移転前の時点で創業30年だった事を知り驚いた。南区永田にある本店が創業50年だったので、この店は2号店にあたるのかも知れない。でも支店名がどこにもない。どういうことだろう?昨年5月25日にこの恩田川沿いに移転オープンしたらしい。早速入店。入口脇に券売機。厨房には中年店主1人のみ。厨房前に一列のカウンター8席と、4人がけテーブル2卓。先客2人後客ゼロ。

Tatsuyamachida00 Tatsuyamachida01 Tatsuyamachida02 らーめん たつ屋 成瀬店

『博多らーめん(こなおとし)』 600円+『替え玉(ふつう)』

メニューは博多、こってり博多、とんこつしょうゆ、つけめんとある。味噌はないんだね。我は筆頭基本メニューを注文。具は青ネギ、きくらげの細切り、巻きバラチャーシュー1枚、スープは白濁してクリーミーな感じだ。美味い。でも値段相応というか量がやや少なめ。なので連食予定だけど替え玉を頼んでしまった。一回は無料だしね。そうしたら替え玉の方のが量が多めに感じた。でも美味いのでスープ一滴残さず完食!ラオタやマスコミ等ほとんど注目されないけど、個人的に『たつ屋』系統の店は当たりしかない。良心的な店だよ。正しいラーメン店だと思う。

店を出て成瀬街道沿いに町田駅方面に向かって歩を進める。高ヶ坂というY字路の手前当たりに次の目的店『なんでんかんでん』だ。東京に博多豚骨ラーメンを持込み最盛期は100人以上の行列が毎日生じたという伝説の店。と言っても我は正直よく知らない。TV番組「マネーの虎」の河原社長の方で知ってるくらい。でもその世田谷の本店もちょうど2年前に店を閉じた。復活するという話もあったが結局その後音沙汰なし。ただ本店閉店の直前くらいに唯一海老名でFC店としてだが出店していた。その海老名店から出店したらしいのがこの町田店だ。昨年7月19日に開店したらしい。早速入店。厨房には中年店主一人のみ。前後客ゼロ。『なんでんかんでん』のネームバリューの効果はこの結果だった。厨房周りにL字型カウンター9席と掘りごたつ式4人卓3つ。口頭で注文。海老名店では強烈な豚骨臭がしたけど、こっちの店はそれが無かったのが気になった。

Nandenkandenmachida00 Nandenkandenmachida01 なんでんかんでん 町田店

『ラーメン(ゆげどおし・脂多め)』 680円

麺のかたさで「粉落とし」というネーミングを発明したのが「なんでんかんでん」だというのも有名だが、こちらの店ではそれを超え、「おすすめしません」の但し書き付きで茹で時間2秒の「ゆげどおし」という選択肢があった。興味本位でそれを選択。また脂の量も選択出来たので脂多めとした。海苔にはカルシウムで「マネー成立!マネーの虎でおなじみ」と書かれてある。この食べる広告を発明したのも「なんでんかんでん」だと宣伝していたっけ。ゆげどおしの麺は粉落としに慣れている我からすればそれほどでもない。しかしこの脂多めはキツイ。背脂ではなく油自体が多めでかなり胃にくる感じ。注文はしなかったが替え玉は120円。ラーメンの単価を含め、いかに『たつ屋』が良心的かわかった次第。

気になるのがこの店舗の真横にもう一軒ラーメン店がある事。看板には「ya家」とあり、家系ラーメン店のようだった。訪問時電気が消えていて営業していないと思ったが、どうも「なんでんかんでん」と厨房でつながっているようなのだ。そしてテーブル前に貼られたサービス券の貼り紙には「一郎ラーメン」や「麺屋塩之祐」の文字。「なんでんかんでん」のメニュー表の裏面は二郎系ラーメンの写真が貼られた「一郎ラーメン」のメニューになっていた。2店舗同時経営と見せかけ、実は4店同時営業って事?しかし店員一人だし、客入りはこの有り様だし、今は規模縮小したって事なのか?よく判らなかった。

Nandenkandenmachida03 Nandenkandenmachida02 そのまま町田駅まで歩いて帰路についた。

« 日出壱角 | トップページ | 味噌日和 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬豚骨:

« 日出壱角 | トップページ | 味噌日和 »