カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 銀座蛤鴨 | トップページ | 悠河特別 »

2014年11月29日 (土)

啓介鶏王

昨夜銀座の『九代目けいすけ』を訪問した際、メニュー冊子でグループ各店舗の状況を知ることが出来た。その中でシンガポール店以外で知らない店が1店あった。『鶏王けいすけ』という店だ。元々シンガポールにあった店らしいが、昨年2月3日に秋葉原に移転。場所は『七代目けいすけ』があった場所。ナンバー付きの店舗を大切にするかと思いきや、意外と簡単にポイしてしまうんだよね、「けいすけ」って。じゃあ今日は天候は悪そうだけどまた秋葉原まで出てみるとしようか。

家を出た時は雨は降っていなかったので傘を持ってこなかったのだが、直後に雨が降ってきた。秋葉原駅に降りたら本降りになってしまった。いきなり『鶏王』には行かず、もう一店以前から気になっていた店を見つけたのでそちらに行ってみる事にした。『カレーハウスCoCo壱番屋』が手掛けたラーメン店『麺屋ここいち』。今年の9月1日、昭和通沿いにオープンしたという。早速入店。入口にタッチパネル式券売機があったが使用禁止になっていた。あれで順番に選択していくのは逆に煩わしいからね。奥に伸びる鰻の寝床のような店内。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房前に一列のカウンター席10席。先客6人後客3人。口頭で注文。

Menyacocoichiakihabara00 Menyacocoichiakihabara01 麺屋ここいち うまこくカレーらーめん 秋葉原店

『うまこくカレーらーめん(辛口・普通麺)』 660円

筆頭基本のメニューを選択。辛さは5段階で選べて今回は三段階目の辛口を選択。麺も細麺・普通麺・太麺から選べる。オススメとしてメニューに書かれていた普通麺を選択。なので中部と縮れ麺。具は薬味ネギ、もやし、茹でキャベツ、挽き肉。スープのベースは業務用豚骨醤油スープ。だって厨房に袋が置いてあったから。そこにオリジナルのカレーソースを混ぜたという事だろう。カレーラーメンというのは普通のラーメンの上にただカレールーをかけたカレーうどんスタイルのものが多かったが、これからはこのようなカレー味スープのものが一般的になっていくんだろうな。そこそこ美味しかった。

店を出るとかなり雨脚が強くなっていたのでたまらずセブンイレブンで傘を買った。ちょっと秋葉原でブラブラとして胃の調整をしてから本丸『鶏王けいすけ』へ向かった。入口には中国語で「中国語が喋れる店員がいます」という旨の事が書かれていた。激増した中国からの観光客を見込んでの事だ。早速入店。入口脇に券売機。中は七代目だった頃とそうかわらないと思う。店員は男ばかり3人。いずれも外国人。店員ごとシンガポールから呼び寄せたような感じ。でも客は日本の若者ばかりだった。先客10人後客4人。

Keisuketoriou00 Keisuketoriou01 鶏王けいすけ 秋葉原店 『鶏王らーめん』 780円

筆頭基本メニューを注文。こちらは鶏白湯で、鶏清湯の「鶏そば」というメニューもあるようだ。麺は中細縮れ麺。具は薬味ネギ、きくらげ、そして最大の特徴、骨付き鶏モモチャーシュー丸1本。スープはポタージュスープのように濃厚な鶏白湯。多少ニンニクを効かせているのかな。中細麺がよく絡みなかなか美味しく食べられた。「けいすけ」らしい鶏白湯ラーメンが食べられて満足した。

« 銀座蛤鴨 | トップページ | 悠河特別 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 啓介鶏王:

« 銀座蛤鴨 | トップページ | 悠河特別 »