カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 馬骨拉麺 | トップページ | 山賊揚麺 »

2014年11月22日 (土)

咖喱飲物

先週行った東新宿の『なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。』。その同じ経営者が姉妹店『カレーは飲み物。』という店を秋葉原に出しているというので行ってみる事にした。大井町から京浜東北線に乗り秋葉原で下車。先ほど食べた馬骨ラーメンがかなり油っこく胃がもたれ気味だったので書泉ブックタワーで1時間ほど立ち読みして休ませた後店に向かった。午後1時過ぎあたりに到着すると店前には4人待っていた。黄色に黒文字で書かれた異様な屋号は『ラーメン二郎』を彷彿とさせる危険色。7分ほど待ったくらいで入店。入口脇に券売機。奥に伸びるL字型カウンター12席で奥の壁が鏡になっている。厨房には男の店員3人。

Carrywanomimonoakihabara00 Carrywanomimonoakihabara01 カレーは飲み物。秋葉原店

『黒い肉カレー(中)』 790円
メニューは「黒い肉カレー」と「赤い鶏カレー」の2種類。ライスの量は大中小同一料金。10種類のトッピングから3つのみ選択し、その番号をコール。10種類のトッピングの内訳は味玉、らっきょう、福神漬、ポテトサラダ、スライスアーモンド、パクチー、ツナマヨ、コーンマヨ、バジル、フライドオニオン。我は今回黒カレーにライス中盛、福神漬、ポテトサラダ、パクチーを選択。出てきたものは皿にのったカレーでどう見ても飲み物として提供しているわけではなさそう。屋号は単に客の目を惹かせる為のもののようだ。ライスは日本米、ターメリックライス。キャベツの千切りがデフォルトで添えられている。ルーはクリームがかかっているが、ルー自体にコクがあり完全に欧風カレー。スパイスの尖った辛さというものはほとんど感じない。そしてカレーの中には大量の豚肉、さらにじゃがいも…ではなくおでん風味の大根。トッピングで加えた福神漬の食感、ポテトサラダの優しい甘みが口休めになる。そしてパクチー、カレーにこんなに合うのは意外だった。屋号からくるほどのインパクトはなかったものの、結構工夫された一杯に満足した。機会があればもう一方の赤カレーも試してみたいと思った。

« 馬骨拉麺 | トップページ | 山賊揚麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/60697843

この記事へのトラックバック一覧です: 咖喱飲物:

« 馬骨拉麺 | トップページ | 山賊揚麺 »