カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 豚骨一蘭 | トップページ | 銀座蛤鴨 »

2014年11月27日 (木)

日吉金太

日吉の『それは私のおいなりさんだ』が5日前の11月23日に台湾まぜそばの店『金太』にリニューアルしたらしい。二郎系ラーメンは引き続きやるみたいだけど、おいなりさんが付くのかはわからない。それはともかく、この店はミーハーというか、本当に流行に流されるね。もはやそれがこの店の特徴みたいだ。そういうのは我は好きにはなれないけどね。突発的に今日は早くあがれたので日吉に寄ってみる事にした。店自体は『おいなりさんだ』時代と全く一緒。店外入口脇に券売機。厨房には若い女店員2人。それにしても店内で流れっぱなしの歌がヒドイ、ヒド過ぎる。こんな環境で働くことになってしまった女店員に同情してしまった。先客6人後客1人。

Kintahiyoshi00 Kintahiyoshi01 Kintahiyoshi02 台湾まぜそばとラーメン 金太

『台湾金太まぜそば(ニンニク有)』 1050円
屋号が入った筆頭メニュー注文。チャーシュー、海苔、味玉が付いた特製盛りを並で注文。結構大きな丼で登場。ブリブリの太麺。具はニラ、きざみ海苔、きざみ玉ネギ、魚粉、塩昆布の細切り、きざみ生ニンニク、中央には肉味噌の上に卵黄、オプションの肉厚巻きバラチャーシュー1枚、海苔数枚、味玉丸1個。天地返しでまぜまぜ。味は先日新宿で食べた元祖『はなび』と違いは我には判らない。台湾まぜそばなんて味はそうそう変わらないのでは?麺を食べ終わり追い飯をもらおうと店員に声をかけて丼を差し出したら「別の器でお出しします」と言って小鉢にご飯をよそってくれた。『麺屋はなび』とは違うシステム。あの店ではしゃもじひとよそり程度のご飯の量だったが、こちらは普通に茶碗一杯分。満足感ではいい感じだった。

« 豚骨一蘭 | トップページ | 銀座蛤鴨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日吉金太:

« 豚骨一蘭 | トップページ | 銀座蛤鴨 »