カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 朝層雲峡 | トップページ | 美瑛丘巡 »

2014年10月11日 (土)

上川地麺

上川ラーメン。その存在を知ったのはラーメンの食べ歩きを初めて間もない頃、溝の口付近にあった『き七』という味噌ラーメン屋が上川ラーメンを名乗っていた。信濃町の『ピヤシリ』という店も名乗っていたっけ。今では両店共閉店していて長らく記憶から失われていた。今回の旅を計画するにあたり訪問する土地土地の地麺を調査して思い出した。ところがこの上川ラーメン、どうも怪しい。定義があまりはっきりしない。①大雪山からの水でスープと麺を作る②スープの温度が90℃。このくくりは特に味に関係ないだろう。その割に「ラーメン日本一」というスローガンばかり目立つ。町おこし目的の無理矢理感が臭う。それでもせっかく付近まで来たので、その上川ラーメンを名乗る1店に寄って確かめる事にした。

目的の店は『愛山渓ドライブイン』。選んだのは開店時間が早かったから。それでも大雪山ロープウェイが運航停止だったので開店予定時刻より20分近く早く到着してしまった。店を覗いてみても人気が全く無い。ただ電気は付いているし、暖炉にも火が入っているのが見える。なので待っていると、開店予定時間ちょうどに営業中の札がかかってホッとする。早速入店。店内は山小屋の雰囲気でテーブル席が多数。中央にはお土産コーナーもある。でも店員は女店員1人のみしか見えない。BGMもなし。口頭で注文。ところがしばらくすると女店員がやってきて「今調理出来るものが買い出しに行っていて10分ほどで戻ってくるかと思いますのでお待ちいただけますか?」と言ってきた。えっ!開店予定時刻に買い出し行っちゃうなんて前代未聞なんですけど。しかも帰ってきてから調理し始めるんでしょ?どんだけ待たされるのかよ、と不安が募る。しばらくすると店主らしき男が野菜の箱を抱えて入店してきた。そして急いで調理を初め10分ほどでラーメンが提供された。前後客ゼロ。

Aizankeidrivein00 Aizankeidrivein01 愛山渓ドライブイン 『舞茸ラーメン』 930円

この店の看板メニューを注文。舞茸をはじめとするキノコがこの辺りの名産らしい。麺は中細縮れ麺。具は薬味ネギとバター炒めされた大量の舞茸。スープはあっさり塩味。至って普通の塩ラーメンだがバター炒めされた舞茸は大ぶりで食感が良く、そのバターの感じがあっさり塩スープに溶け込みなかなか美味しかった。支払いの時店主が「どうもすみませんでした。」と言ってくれた。

« 朝層雲峡 | トップページ | 美瑛丘巡 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上川地麺:

« 朝層雲峡 | トップページ | 美瑛丘巡 »