カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 美瑛丘巡 | トップページ | 芦別地麺 »

2014年10月11日 (土)

富川本店

富良野には全国的にも存在感を放つラーメン店がある。『富良野とみ川』という店だ。富良野市内に支店がひとつ、姉妹店がひとつある。全国で開催される物産展、ラーメンショーなどに積極的に参加している。忘却の彼方だったが、我も6年前、京急百貨店上大岡店で開催された「大北海道展」のイートインで一度食している(「昼天河水」参照)。この時は限定の味噌じゃがバターという北海道らしいラーメンを食べたんだな。特に地麺巡りではないが再び富良野に来る機会などまたとないと思うので寄ってみることにした。寄るといってもこの店は土曜日でも16時閉店、平日は15時で閉まってしまうという。有名店で営業時間が短く、しかも今は連休中。早めに行ってしまうのが吉。というわけで美瑛の観光を途中で切り上げてわざわざ車で1時間かけて富良野麗郷市街にやってきた。到着時店前の駐車スペースは埋まっていたが、ちょうど1台抜けてくれた。そのスペースに間髪入れず駐車する。店前に行列はないぞ。早速暖簾を割る。厨房には中年店主とおばさん店員の2人。内装は木材を活かした造りでラーメン店でよくあるといえばよくある感じ。L字型カウンター10席と座敷に4人がけテーブル2卓。先客10人後客5人。待たずに座れた。口頭で注文。店主は元ボクサーとのことだが、それにしては…というのも失礼だがしゃべりが流暢だ。ラーメン作りが好きなんだろうなあというのが伝わってきた。

Furanotomikawa00 Furanotomikawa01 富良野 とみ川 『石臼挽き中華そば』 880円

筆頭一番人気メニューを注文。自家製麺の店は今や普通にそこら辺にあるが、この店は富良野特産で世界的にも最高品種小麦はるゆたかを石臼で三度挽きして小麦粉を作るところからやっているそうだ。この場合、それを信じるしかない。その作った全粒粉と富良野産さくら卵で練り上げた自家製麺は見た目も食感もほとんど蕎麦のようだ。但し縮れがある。かなりかために茹でられていた。具は薬味ネギ、みつば、メンマ数本、半味卵、チャーシュー1枚。スープはやや油多めの魚介醤油味。なかなか美味しいとは思う。でも我が求めるご当地感だったりラーメンのオーラ、風格みたいなものはあまり感じなかった。麺はかなり個性的だと思うけど。まあ『とみ川』の本店で看板メニューの一杯を食した事に意義があるというものだ。

この後再び美瑛に戻り「青い池」を見に行った。

« 美瑛丘巡 | トップページ | 芦別地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富川本店:

« 美瑛丘巡 | トップページ | 芦別地麺 »