カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 富川味噌 | トップページ | 高原牧場 »

2014年10月12日 (日)

朝焼美瑛

Biei06 道北遠征3日目、最終日の朝を迎えた。と言ってもまだ日が昇っていない早朝4時前。ベッドで横になりながら昨日までの旅を振り返ってみる。食べ歩きという面においては、予定していた店を全て訪問出来たので満足感はある。しかし、こと観光としてみた場合は初日の稚内頓挫、そして2日目の美瑛、富良野の田園風景は、そのほとんどが鉛色の雲に覆われた空の下での光景しか見れなかった。はっきり言ってしまうと楽しみにしていた分、心の方も晴れていない。そして今日の午後、帯広空港から羽田空港に戻る飛行機に乗ることになる。今日は何とか少しでも取り返したいなと思う。そこで早速天気予報をチェック。すると今日の富良野は快晴だという。よし!この好機は逃さないぞ。早速身支度を整え朝5時前に部屋を出てロビーへ向かう。人気のないロビーで呼び鈴を鳴らすが一向に人が出てこない。呼び鈴とドアを数度叩いてようやくおじさんが起きてきた。即チェックアウトした。外はまだ真っ暗。人気のない夜の町の風景だ。車のエンジンをかけ出発。本当だったら未訪問の農園とかに行きたかったけど、そういうところは早くても朝9時からなので諦めるしかない。でも昨日行った美瑛の丘巡りは農地にある木なので入場も何もない。ただ絵になる風景だ。それらを好天の朝焼けの中で観ることが出来れば素晴らしい旅の思い出となるだろう。美瑛まで約1時間。到着する頃にちょうど日が昇りはじめる頃だろう。真っ直ぐに伸びる富良野街道を走っていると遠くに十勝岳が望めその麓には朝靄が広がっているのが見える。その十勝岳の背後から朝日が漏れ始めているのが見えた。狙い通りだな。目的地に到着し車を出るとヒンヤリとした空気に包まれ身が引き締まる。人が全くいない。そして目の前に何の障害物も無い開放感、そこに広がる絵画のような景色。

Biei9 Biei08 Biei07 昨日の不満を一気に解消することが出来た。早起きは三文の得とは言ったものだ。あっ!青い池にももう一度行ってみよう。朝の光に照らされた青い池はどんな色に変化するのだろうか?車を飛ばして約30分後に到着。ここはさすがに既に数台の車が駐車スペースに停まっていた。

Aoiike02 結果的には逆光でほとんどまともに見れなかった。それでも朝の気持ちいい時間帯に美しい光景を見れて良かった。これから富良野を抜け十勝方面に向かう。

« 富川味噌 | トップページ | 高原牧場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼美瑛:

« 富川味噌 | トップページ | 高原牧場 »