カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 朝大桟橋 | トップページ | 地球中華 »

2014年10月25日 (土)

濃鶏白湯

先週川崎の『利八』を訪問するにあたり、付近の店も調査したところ、面白そうな店を発見したので本日行ってみる事にした。『麺匠ようすけ煮鶏亭』という店だ。昨年2月に開店したそうだ。てっきり個人店かと思ったら、中野に本店があり川崎を含めて3店舗展開している鶏白湯メインの店らしい。いかに都内のラーメン事情に疎くなっているかという感じ。日曜定休なので先週連食は叶わなかった。なので土曜の今日に行ってみようと思ったのだ。

桜木町から京浜東北根岸線に乗り川崎まで出る。目的の店は川崎市役所のある交差点付近というから駅から10分ほど歩いた。歩道橋を下りてすぐに白い提灯がかかった目的の店を発見した。早速入店。人によっては悪臭と感じる強烈な匂い。入口脇に券売機。厨房には若い男の店主とおばさん店員の2人。その厨房の前に奥に伸びるL字型カウンター10席。先客2人後客2人。ほとんど待つ事なく着丼。
Yousukenidoritei00 Yousukenidoritei01 麺匠ようすけ 煮鶏亭
『濃厚鶏白湯ラーメン』 750円
筆頭メニューを注文。メニューには濃厚ではない普通の鶏白湯も用意されていた。麺はややかために茹でられた中細縮れ麺。具は青ネギの小分け切り、玉ネギのみじん切り、穂先メンマ2本、低温調理の鶏チャーシュー2枚。彩りとして糸唐辛子。スープは塩味だが鶏の旨みが前面に出てやや甘さを感じる。商品名に偽りなく本当にドロドロで、ほとんどレンゲは使ってないのに、麺を啜っているだけでスープがみるみる減っていった。満足のいく一杯だった。
駅に戻りラゾーナで買い物をしてから帰路についた。

« 朝大桟橋 | トップページ | 地球中華 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濃鶏白湯:

« 朝大桟橋 | トップページ | 地球中華 »