カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 巣鴨麺訪 | トップページ | 宮古島麺 »

2014年9月 5日 (金)

宮古島訪

遅めの夏休みを満喫する為に選んだ地はまたもや沖縄!それは先々月行った石垣島があまりにも素晴らしかった為、今どこに行きたいか?と自分自身に問いかけて熟考した挙句、それでも出てきた答えが沖縄だった。例年夏は麦茶を作るのだが、今年はさんぴん茶にしたし、沖縄関連のCDも購入したり、完全に沖縄にハマってしまった。それでも流石にひと夏に2度も沖縄?と自分でも躊躇したけど、来年にずらす理由が見当たらない。行きたいところに行く。というわけで今年の夏休みは1泊2日だけだけど宮古島で過ごす事にした。8月初旬旅行プランを立てたのだが、夏休みが終わった直後のこの時期、余裕で予約出来ると思っていた飛行機やホテルはなかなか難しかった。実際7月に行った石垣島2泊3日より費用はかかってしまった。でも今回は往復ともに羽田直行便使うし、レンタカー丸2日借りる事にもなるししゃーないか。

Yonahamawan01まだ星が見える早朝に家を出て羽田へとリムジンバスに乗り向かう。なにせ朝7時前出発の飛行機に乗るからね。で、2時間半弱で宮古島空港に到着したのは9時半くらい。レンタカーの手続きを済ませいざ出発!例によって出発一週間前から出発直前までネットで天気予報を何度となくチェックしていて曇のち雨という予報に不安を募らせていたが、現地に着いたら結果はご覧の通り。雲は多いけど好天に恵まれた。もう三回目なので分かってきたが、離島の天気予報は当てにならないものだ。写真は与那覇湾というラムサール条約に登録された湿地帯だ。

1.与那覇湾

Yonahamawan02

次は早速宮古島屈指の人気ビーチへと向かった。これがまた沖縄のビーチらしく美しい色をしたビーチなんだよ。珊瑚の欠片が多くある石垣のビーチと違い、宮古島のビーチはサラサラとした細かい砂だけ。だからより一層綺麗だ。言葉が出ない。

2.与那覇前浜ビーチ
Yonahamaehamabeach01Yonahamaehamabeach02来間大橋を渡り向かい側の来間島へ渡った。宮古島の南西部にある小島だ。宮古島と珊瑚礁でつながっているそうだ。

3.来間島Kurimashima01Kurimashima02

この時点で朝から何も食べていなかった為空腹に襲われた。また宮古島に来ているのにまだ宮古そばを食べていない事に居ても立ってもいられない状況になり、観光は一時中断し『丸吉食堂』へ車を飛ばした。それは別記事で。

宮古島は石垣島と比べてよりローカル色が濃いというか、サトウキビ畑が広がる風景が続く。宮古島は沖縄で唯一ハブがいないらしく、、そのせいか入植、農地開拓が進んだのだろう。リゾート開拓が進んだ石垣島とはその辺りに違いが感じられた。Miyakojima01

今度は一気に島南東部に移動した。東平安名(ひがしへんな)岬という2kmも突き出た細長い岬だ。珊瑚礁が隆起して出来た岬なので周辺の海があまりに美しい色をしている。

4.東平安名岬Miyakojima02Higashihennamisaki01

海岸線に沿って北上する途中でビーチに降りる。新城(あらぐす)海岸という。遠浅の美しいビーチだ。せっかくの夏休み、海パンはいて海へ。ひと夏に宮古島と石垣島の海に入るという贅沢。しかも両方共天候に恵まれた幸運。本当に良かった。

5.新城海岸

Aragusukaigan01Aragusukaigan02Aragusukaigan03

今度はひたすら北上し池間島へ。周囲10km程度の小さな島だ。こちらも橋で宮古島とつながっている。付近に八重干瀬(やびじ)と呼ばれる広大なサンゴ礁群があるので、日本でも有数のダイビングスポットなのだそうだ。綺麗なビーチもそこかしこにある。

6.池間島

Ikemajima02Ikemajima01

池間島のすぐ西にある岬。風力発電機が3本立っている。かつて5本あったが台風などで2本は倒れてしまったそうだ。

7.西平安名岬

Nishihennamisaki01

そろそろ宮古島一周ドライブも大詰め。宮古島で代表的な景勝地として知られる砂山ビーチへ。その名の通りサラサラの砂山を超えてビーチへ辿り着く。この砂のきめ細やかさに驚かされる。そしてこの頃になると西日が強くて暑くて体力がどんどん奪われる。好天に恵まれて感謝しているが、この暑さは結構厳しくて砂山越えは行きも帰りもキツかった。

8.砂山ビーチ

Sunayamabeach01 Sunayamabeach02 Sunayamabeach03

島一番の繁華街である平良へ入りようやく今回泊まるホテルへ。マンションを改造したような妙な作りだった。この西日が強烈で歩いているとやばそうだったので、日が落ちるまで1時間半ばかり休憩をとった。夜7時前くらいになったので頃合いだろうと繁華街へと繰り出したが、まだ日が落ちていなかった。宮古島一番の繁華街といっても石垣島に比べてもかなりこじんまりとした感じだった。今夜は沖縄民謡ライブに耳を傾けながら沖縄料理を食べるつもり。ところがいくつかの店をまわったが全て「今ちょうど予約で満席になってしまいまして…」という断られ方をした。飲み屋ってすぐ予約とか言い出すので腹立たしい。40分近くそんな事を繰り返したのでいい加減疲れたし腹も立ったし腹も減った。手当たり次第沖縄料理を食べさせてくれる店に入って予約を入れ最初に連絡があった店に行く事にした。30分後くらいにケータイが鳴ったのでその店へ行く。もう店の名前も覚えていないけどともかく入店。レモンチューハイと島豆腐の冷奴、宮古塩焼きそばとラフテーを注文。とりあえず沖縄の雰囲気がする食べ物で腹を満たす事が出来たので満足した。

Miyakojima03 Miyakojima04 宿に戻り大浴場に入り疲れを洗い流し空調を効かした部屋で就寝した。

« 巣鴨麺訪 | トップページ | 宮古島麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島訪:

« 巣鴨麺訪 | トップページ | 宮古島麺 »