カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 石垣島夜 | トップページ | 石垣地麺 »

2014年7月19日 (土)

石垣島周

石垣旅行2日目はレンタカーで石垣島をぐるっと1周する予定。今日もいい天気のようで一安心。朝8時にレンタカー会社がホテルまで送迎に来てくれた。移動中また雨がザーッと降ってすぐ止んだ。ちょっと不安になった。手続きを滞り無く済ませ早速車に乗り込み出発!まずは朝ごはんに石垣島の豆腐料理を食べる為店に向かった。それは別記事にて。

まず最初に書いてしまうが、今回巡った観光ポイントはどれもが絶景で、心のなかで「うわーーっ!!」と叫んだくらいだ。その為何も考えずシャッターをバシバシ押してしまった。でも今書いてみると似たような写真ばかりになっている事に気がついた。なのでダイジェスト的に紹介する。

1.玉取崎展望台

島北部の高台に設置された展望台。見渡す限りの緑の山とサンゴ礁でエメラルド色になった海が望める。好天に恵まれ、感動する景色を目に焼きつける事が出来た。

Tamatorizakitenboudai01 Tamatorizakitenboudai02 Tamatorizakitenboudai03

2.平久保崎

島最北端にある岬。もう見渡す限りの水平線も圧巻だが、何という海の色をしているのだ!絵か?と現実感さえ危うくなる美しさだ。

Hirakubozaki01 Hirakubozaki02 Hirakubozaki03

この後また昼食に八重山そばを食べた。これもまた別記事で。

3.吹通川のヒルギ群落

途中今までとは違う景色を発見したので車を止めて降りてみた。見事なマングローブ林だ!こういう場所が特に大きな観光ポイントにもならないであるというのが石垣島の凄さだ!クメン王国のようだ!

Fukitooshigawa00 Fukitooshigawa01 Fukitooshigawa02

その後、石垣島と西表島のみ分布するというヤエヤマヤシが自生する場所に行ってみたが、ここは今までが今までなだけに拍子抜けした。でもここにあるサトウキビとフルーツのミックスジュースを売る『パパ屋』という店でマンゴージュースを飲んでみた。すこぶる美味かった。

4.米原海岸

高台から観る海もいいのだが、そろそろ海に直接触れたくて浜辺に降りてみる事にした。泳ぎはしなかったけ ど。こんな綺麗なビーチなのに意外と人はまばらだったりする。だってこのレベルのビーチなぞそこら中にある感じなのだ!そこも石垣島の凄さ!
Maibarakaigan01Maibarakaigan02

5.川平湾

いよいよ石垣島観光のメイン、ミシュラン三ツ星級の絶景、川平湾だ。正直もう驚かないと思っていた石垣の海の美しさだが、ここのはモノが違うという感じ!グラスボートにも乗ってみたが、青緑のモノクロなので水中を見るより海上を見た方が素晴らしい!絶景とはこの場所の事を言うのだ!

Kabirawan00Kabirawan01Kabirawan02Kabirawan03

6.御神岬

島西側に大きく張り出した半島の先端にある岬。恐ろしいもので、この頃になるとこの絶景が普通に見えてきてしまった…。Uganzaki01Uganzaki02

7.バンナ岳

Bannadake01 石垣島一周最後の絶景ポイント。バンナ岳頂上近くにある展望台。別名エメラルドの海を見る展望台。石垣市街を一望出来た。そしてこの島がサンゴ礁で囲まれていることも良く分かる。サンゴ礁を見て絶景だとかバカみたいな書き方ばかりしてきたので、最後にちょっと真面目な事を書いておこう。珊瑚は分類上動物とされるくせに光合成をしている。体内に植物プランクトンを飼っているからだ。それらが二酸化炭素を吸収して酸素に変換する。その能力は何と樹木の6~18倍もあると言われる。珊瑚が失われれば地球温暖化は加速してしまう。そして珊瑚は海の生態系を保護しているので失われれば魚介類の大量絶滅を招く恐れがある。そして珊瑚絶滅の危機はこのままではそう遠くない未来にやって来てしまうかもしれない。水温が28度以上になると珊瑚は植物プランクトンを体外に放出してしまう。そうすると珊瑚は栄養が取れず白化し死滅してしまうのだそうだ。問題はその水温上昇の早さにある。原始的な生物である珊瑚はその変化に対応出来ないのだ。もしかしたらこの美しい海が見られるのも今の内だけという可能性もある。

この後また八重山そば店に寄ってから午後5時前に車を返却した。石垣島を十分堪能出来た1日だった。

« 石垣島夜 | トップページ | 石垣地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島周:

« 石垣島夜 | トップページ | 石垣地麺 »