カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 猛暑長浜 | トップページ | 煮干出身 »

2014年7月30日 (水)

日出葱浸

先週ほどではないが風があるだけましという程度で今週も暑い日々が続く。こうなるとラーメンを食べようという気がなかなか起きない。だったら他のものを食べればいいのだが、会社帰りは優雅に食べるのではなく、サラッと、それでいて満足感が得られるものが食べたい。餃子の王将は待ち時間がかかるし、回転寿司とか1000円以下では満足感が得られない。などなど思うと、結局ラーメン店のつけ麺に逃げてしまうんだよ。でも我はぬるい温度の食べ物が苦手だ。電子レンジで温める時もついつい長めに温める癖があるほど。『海老秀』のつけ麺のように具がキンキンに冷たく、浸け汁が急速にぬるくなるのは御免被りたい。なので地雷を踏みたくないのでどこにしようか思案したところ、久々に『日の出ら-めん』に行ってみる事にした。開店当初、メニュー制覇を目指し何度か通っていた店だが、気がつけば仙台だ長野だ沖縄だと全国的にFC展開をして、こちらは「横浜桜木町本店」を名乗っている。約3年ぶりに入店。入口に券売機。店内の雰囲気は相変わらず。厨房には男の店員3人。先客9人後客6人でほぼ満席。

Hinoderamen11 Hinoderamen10 日の出らーめん 横浜桜木町本店

『剛つけ麺(大盛)』 750円+『青ネギ』 100円=850円

看板メニューを大盛注文。大盛は実質無料。チャーシュー丼も頼もうとしたが、つけ麺とご飯物は食べるときに忙しくなるので止めてトッピングの青ネギを注文した。そうしたら卓上に「きざみ玉ネギ有ります。ご希望の方は店員に申し出て下さい。」と書いてあるではないか!何だよ!というわけで両方共ごってり入れて葱つけ麺とした。浸け汁の方にも薬味ネギと、ねぎま、ブロックチャーシュー2個。正直具が寂しい。味玉プラスすればよかったかな?そして3年前には見なかったIHヒーターが卓上にある。これであのヌルくなるのは防げるぞ!ここの魚介豚骨つけ汁は濃厚さがウリだが、思ったほどのこってり感は無かった。そういえば過去この店で「ブリックス30」という限定10杯の超濃厚つけ麺を食べて終盤胃もたれ気味になったっけ。過ぎたるは及ばざるが如し。でも味は濃いのは認める。最後スープ割り注文しつけ汁を完飲した。食べ終わって思ったのは、つけ麺で夏向きなのは東池袋大勝軒系の酸味のある古典的な方で、魚介豚骨つけ麺はラーメンとそう変わらないという事。
店を出て歩いていると老舗の中華そば店『いろは』が立ち食いそば店になっていて驚いた。

« 猛暑長浜 | トップページ | 煮干出身 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/60069346

この記事へのトラックバック一覧です: 日出葱浸:

« 猛暑長浜 | トップページ | 煮干出身 »