カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 初海老秀 | トップページ | 六月川崎 »

2014年6月27日 (金)

小杉新麺

市内に適当な新店が見当たらなかったので、思い切って川崎市中原区まで足をのばしてみる。市内でも乗り換えが多いと難儀だし、東横線沿線であれば川崎だろうと帰宅するのはスムーズだからだ。新丸子と武蔵小杉の中間あたりに5月26日に開店したという『麺やでこ』だ。ラーメンマニアの間では噂の新店という事になっているらしい。元々は『月音』という屋号で武蔵小山駅周辺で営業していて今回は移転という事らしい。今回は新丸子駅で下車し歩いて店に向かった。3分ほどで店に到着。店前には丼がディスプレイされていた。早速入店。入口脇に券売機。内装は白で新店らしく清潔感がある。厨房にはピンクのTシャツを着た男の店員2人。厨房周りに変形L字型カウンター7席と2人がけテーブル席2卓。先客2人後客ゼロ。

Menyadeco00 Menyadeco01 麺や でこ 『味玉旨いるどらーめん(塩)』 900円

筆頭メニューの味玉付きを注文。他に醤油味の「旨りっちらーめん」や「中華そば」、「つけそば」があった。麺は中細多加水麺。ちぢれはほとんど無い。具が奇抜でありきたりの物が一切無い。紫玉ネギのきざみ、おくら、しめじ、ほたて、低温調理鶏チャーシュー2枚。味玉は黄身しっとり。スープ表面には黄色い鶏油が目立つ鶏白湯塩ラーメン。鶏白湯独特の油感が無く、じゃかいもポタージュスープのような洋風な味になっている。これは美味しい。スープがどんどん減ってしまう。我は地麺巡りでラーメンの裾野の広がりばかり意識していたが、たまにこういった進化を感じさせるラーメンに出会うと驚きと共に感心させられてしまうな。

帰りは武蔵小杉まで歩いて東横線特急に乗り帰路についた。

« 初海老秀 | トップページ | 六月川崎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小杉新麺:

« 初海老秀 | トップページ | 六月川崎 »