カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 佐助開店 | トップページ | 久々和蔵 »

2014年5月24日 (土)

弘明春樹

『麺屋サスケ』を出た後阪東橋からブルーラインに乗り上大岡へ移動。ヨドバシカメラでipod用のケーブルを買った。京急百貨店で信州物産展をやっていた。「王様中華そば」をご当地ラーメンとしてフードコートで営業していたがスルー。おやきと山賊揚げをお土産として買った。それから地下鉄には乗らず、良い天気なので弘明寺まで歩いてみる事にした。これが結構な距離だったので、若干日焼けをしてしまった。

辿り着いた弘明寺商店街入口に長年あった喜多方ラーメンチェーン店『喜多の蔵』跡地が別の店に変わっていた。魚介豚骨つけ麺がメインの店『つけ麺春樹』だ。調べてみると在日華僑系の外食チェーン店が母体で都内に数店舗展開しているようだ。入店すると店内は『喜多の蔵』時代とあまり変わっていないよう。厨房には男の店員2人と女の店員2人。厨房前に一列のカウンター5席、壁側に4人、4人がけテーブル2卓。先客11人後客3人。口頭で注文。

Harukigumyouji00 Harukigumyouji01 つけ麺らーめん 春樹 弘明寺店

『超濃厚魚介とんこつつけ麺(冷盛大盛)』 830円

一番人気というメニューを注文。具が別皿で提供された。薬味ネギ、メンマ数本、炙り豚肉2個、半味玉、海苔1枚の上に魚粉、柚子がのっている。茶色い極太麺は山盛900gまで無料。我は大盛550gを注文。でもつけ汁の量が決まっているので食べ終わった頃には割りスープを依頼する事も出来ないレベルまで汁が無くなってしまっていた。でも大盛量は流石に満腹となった。

« 佐助開店 | トップページ | 久々和蔵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/59698928

この記事へのトラックバック一覧です: 弘明春樹:

« 佐助開店 | トップページ | 久々和蔵 »