カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 春桜霧丘 | トップページ | 端末更新 »

2014年4月 6日 (日)

稲荷二郎

昨日に続いて今日もはっきりしない天候の日曜日。なんだか肌寒い。ゆっくりと2度寝の幸せを味わい正午に目覚め、横浜に買い物に出かけた。で、昼飯なんだが久々に二郎系が食べたくなった。横浜にも『秀吉』という二郎風ラーメン店があるが、このところ何回か行っているので新鮮味がない。そこで思い浮かんだのが日吉。あそこの『それは私のおいなりさんだ』の、店主が気が向いた時にしか出さないと言っていた看板メニューがレギュラーで出されるようになったのを思い出した。どうせ二郎系ラーメン食べたい気持ちになったんだからと、わざわざ東横線に乗って日吉に移動した。あら、結構な感じで雨が降っているよ。傘を持ってきていないので早足で店に向かう。空いているようだ。店外券売機に筆頭メニューが売り切れていない事を確認。早速入店。厨房には若い女の子のバイト店員2人。しかも1人はまかない食事中。先客1人後客1人。

Watashinooinarisan03 Watashinooinarisan02 ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ

『私のおいなりさんラーメン(ニンニク・アブラ)』 980円

空いていたせいかすぐに着丼。バイト女子の手際にやや不安を感じてしまうけど。でも結果的には美味しく食べられた。麺やチャーシューは美味しい。主役のお稲荷さんは至って普通のもので、ラーメンとの化学反応的なものは何も無かった。スープを改めて味わってみると、かなり濃い。野菜多めに対応する為だと思う。巷に氾濫している二郎風ラーメン店もこのあたりを気をつけるべきだろう。

店を出ると雨脚が強まっていた。急いで駅に走った。

« 春桜霧丘 | トップページ | 端末更新 »

コメント

このメニュー、レギュラー化されていたんですね。
それにしても面白い発想だと思います。
これで二郎+おいなりで何か新しい味の組み合わせが生まれていたら、尚面白かったのでしょうけれど。

丿貫様、コメント有難う御座いました。
レギュラーメニューと書きましたが、券売機には「店主が気が向いた時に~」という
ポップは券売機に貼ってありました。…嘘を書いて申し訳ありません!
ただ開店当初のレア感は無くなっているようです。
出す数量は決まっているかも知れません。
御飯ものがトッピングされたラーメンというのはあまり例が無いので
少し期待してしまいました。

twitterで不味いと噂の店みたいに言われてますが
意外とそうでもないんですかね?

ぽい様、書き込みありがとうございます。
私は駄舌なので味の評価は他のサイトを参考にしてみてください。
ただバイト店員に完全に頼った店ではあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲荷二郎:

« 春桜霧丘 | トップページ | 端末更新 »