カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 中山維新 | トップページ | 町田煮干 »

2014年4月17日 (木)

反町西海

今日も故あって夜飯は外食。どうせなら未訪問店のパターン。東神奈川駅で途中下車し、徒歩3分ほど、東急反町駅まで中間くらいの距離のところにある『西海』という店。店構えは昔ながらの町の中華料理店然としている。長崎ちゃんぽんがメインの店。何と24時間営業だとか。暖簾を割り引き戸を引いて早速入店。厨房には白い半袖シャツの親父2人。厨房周りにL字型カウンター9席、4人がけテーブル席3卓。先客6人後客5人。口頭で注文。

Saikaitanmachi00 Saikaitanmachi01 西海

『長崎ラーメン(バリカタ)』 750円+『半チャーハン』 250円=1000円

看板メニューの長崎ちゃんぽん…と言いたいところだが、我はラーメン食べ歩きをしているのでラーメンメニューにまず目を通す。普通のラーメン600円は醤油味と書いてあったから普通の中華料理屋のラーメンだろう。豚骨味の方は「長崎ラーメン」、「博多ラーメン」「薩摩ラーメン」の三種。「長崎ラーメン」と「薩摩ラーメン」はあまり聞かないメニュー名だ。本場長崎の味を謳う店なので長崎ラーメンと半チャーハンのセットを注文。オヤジ達は手際良くササッと作ってくれた。出てきたラーメンはいかにも九州系の一杯。中太平打ち縮れ麺。具は薬味ネギ、もやし、細切りきくらげ、チャーシュー1枚。最初から紅生姜が入っている。スープの味は…普通の塩とんこつ。あっ!これちゃんぽんのスープだ。ちゃんぽん麺の代わりに普通のラーメンの麺を入れたものが長崎ラーメンの正体だった。麺変えシステムか。ならばこのちゃんぽんスープにストレート細麺を入れたのが博多ラーメンだなと想像がつく。でも薩摩ラーメンというのは何が違うのだろうか?肥後(熊本)ラーメンだったら想像つくんだけど。半チャーハンはぎゅうぎゅうに型に押し込まれたもの。味は至って普通。卓上からGABANの胡椒と丸大醤油をかけて調整した。喫煙可なのが難点だけど、店の雰囲気も我に合ってるし再訪必至かな。

« 中山維新 | トップページ | 町田煮干 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反町西海:

« 中山維新 | トップページ | 町田煮干 »