カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 末廣再訪 | トップページ | 春桜霧丘 »

2014年4月 4日 (金)

三年町田

会社帰り予約していた歯医者に寄って歯石の除去2回目。前回以上にゴリゴリやられて猛烈に痛かった。歯茎が腫れ上がってしまった。その後『大文字』本店が夜も営業しているような情報がネットにあったので寄ってみたが、やっぱりガセネタであった。

そういうことなので久々に町田でラーメン食べ歩きをする事にした。我は地方遠征以外は極力横浜市内に注力して新店開拓していたので、町田にラーメンを食べに行くのは久々だ。今は赤坂の方に移転した『69’nROLLONE』に行ったのが約3年ほど前。それ以来だから久々だ。その間に開店したと思われる知らなかった店がいくつかあったので、それを目指して行ってみる事にした。JR町田駅から小田急町田駅の方へ向かう。そこから徒歩2分ほどの路地の中に最初の目的店を見つけた。『ラー麺 鎌倉』だ。この店の前身は『鎌倉家』といい、こどもの国近くにあった。撮影禁止という情報もあった為敬遠して行かず終いだった。それがちょうど3年ほど前にここ小田急町田駅周辺に移転してきたようなのだ。移転前も結構評判であったので期待して入店。入口脇に小さな券売機。店内は木のぬくもりを感じる内装。厨房には白髭の店主と若い男の店員の2人。L字型カウンター8席と2人がけテーブル席、4人がけテーブル席各々1卓づつ。先客5人後客3人。

Kamakurayamachida00 Kamakurayamachida01 ラー麺 鎌倉 『鎌倉醤油ラー麺』 700円

筆頭基本メニューを注文。他に担担麺や豚骨ラー麺等があった。ここは家系ラーメン店ではない。紛らわしいから屋号から「家」を外したと思われる。麺は黄色いプリプリした中太ちぢれ麺。具は多めの薬味ネギ、コリコリメンマ数本、海苔2枚、薄いチャーシュー4枚。各々食感が豊かで楽しい。それに対してスープは少量。だけどウマイ。鶏ガラだけではなく魚介出汁も感じる。醤油ダレの味もしっかりする。個性的で美味しいスープ。期待以上に美味しかった。機会があれば別メニューを食べに来てもいいかなと思った。

次に狙った店は『鎌倉』からほど近い小田急線路沿いにある『煮干鰮らーめん圓』という店。本店は八王子にあり、その本店は我は訪問済。1年半ほど前こちらに支店を出したらしいというので行ってみたのだが…黒いシャッターが降りていた。貼り紙には「社員研修のため」とかか書かれていた。「何カッコつけてるんだ!花見だろっ!」と心のなかで毒づいてしまった。

サッと気持ちを切り替え代わりの店へ行く。3年間の間に出来た新店は既に調査済だ。JR町田駅の方へ戻る。横浜線線路沿い、町田筆頭の有名店『胡心房』の隣に昨年8月19日、大胆にも出店した『noodles(ヌードルズ)』という店だ。屋号どおりこじゃれた店構え。そして店内には店員も含め誰もいない。無人だ。これは何だか「勝負あり」のように感じてしまった。それでも入店。店内隅に券売機。食券を買った時点で比較的若い店主が外から入ってきた。どこにいたんだよ。我のラーメンが着丼した後に常連客らしい男の客が来店。ずっと店主と世間話をしていた。

Noodles00 Noodls01 noodles 『ラーメン』 700円

筆頭基本のラーメンを注文。店主は『青葉』中野本店出身だという噂。なので期待してしまったが、ラーメンは魚介豚骨ながら似て非なるもの。でも悪い意味ではない。麺は中太やや縮れ麺。具は薬味ネギ、平板メンマ、巻きバラチャーシューを半分に切ったもの。彩りがやや寂しい感じ。ラーメンを食べる前のワクワク感が感じられない。でも味は良かった。

« 末廣再訪 | トップページ | 春桜霧丘 »

コメント

通りすがりで失礼します
圓の町田店は2月後半からずっと閉店してますよ
毒づくのは自由ですけど、的外れな邪推はどうかと思いますよ

通りすがりさん 
なるほど、呑気な理由ではなかったのですね。
情報ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三年町田:

« 末廣再訪 | トップページ | 春桜霧丘 »