カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 元祖半炒 | トップページ | 木曜鶏豚 »

2014年3月 2日 (日)

世田谷懐

日本のラーメンの原型が産声をあげた地、東京。先週からその東京の老舗店を巡っているが、今回は未訪店を目指しはるばる世田谷方面まで行ってみた。昨晩から小雨が降り続け気温がグッと低くった日曜日。横浜から新宿湘南ラインに乗り、新宿から小田急線各駅停車に乗り換え豪徳寺に到着出来たのは午前11時ちょうど。初めて降りた駅だ。駅前すぐにある昭和23年創業の老舗『満来』へ初訪問。もう店構えでやられるこの老舗感。以前から訪問したかったのだが、豪徳寺というあまりにも縁がなくアクセスも悪いところまでなかなか来れなかった。丸い暖簾を割り入店。うわ!店内も昭和だ。石油ストーブが置いてある。厨房には2代目店主夫婦と思しきおっちゃんとおばさん2人。厨房前にカウンター3席、4人がけテーブル席4卓。前客なし。おそらく本日最初の客だろう。後客1人。口頭で注文。

Manraigoutokuji00_2 Manraigoutokuji01_2
中華 満来 『ラーメン(並)』 250円
筆頭基本のラーメンを注文。何この奇跡の値段設定は?麺は中細縮れ麺で、老舗らしく麺がやわやわなんだが、これがいい感じ。具は薬味ネギ、ナルト、小さな海苔1枚、小さなチャーシュー1枚。鶏ガラ&野菜から摂った出汁を使ったあっさり醤油スープ。東京ラーメンの原型のような一杯が、値段まで昔風な感覚で食べられて満足した。
Setagayasen00 すぐ近くにある世田谷線山下駅から世田谷線に乗車。最近路面電車に興味を持ち始めたのだが、こちらは似ているけど完全に専用の線路を通る小型電車といったところだな。終点の三軒茶屋で下車した。次の店はラーメン店ではないにも関わらずラーメン好きに有名な店。というのは「人のものではない舌」の持ち主の有名ラーメン評論家お気に入りとしてラーメンガイド本等でよく掲載されるからだ。屋号は『来来来』という長崎ちゃんぽん専門店だ。駅から徒歩2分程度のところあった。創業昭和59年と比較的歴史は浅い。「みっちりねこ」の暖簾がかかっている。入店しようとするとちょうど満席。霧雨の中10分程度待って入店。厨房には年老いた店主夫婦と思しき男女2人。厨房前に一列のカウンター5席と4人がけテーブル席2卓と狭い。テーブル席で相席となった。口頭で注文。来客は相次ぎ店外での行列は伸びていった。
Rairairai00 Rairairai01 来来来 『ちゃんぽん』 850円
迷わず筆頭基本メニューを注文。意外と待たずに着丼。もやし、キャベツ、玉ネギ、海老、さつま揚げ、かまぼこ、イカゲソ、豚肉等が山盛り。スープは『リンガーハット』のものと比べて味が自然な感じ。化学調味料があまり使われていないのではないか。だけどしょっぱさは強い。それがキャベツの甘さを引き立てている。ちゃんぽんは野菜が美味しく摂れるからうれしいのだ。美味しかった。値段に見合うボリュームで満足した。
スーパーに立ち寄り食料品を買ってから三軒茶屋駅に向かう。田園都市線で渋谷に出て東横線に乗り換え特急で横浜へ戻ってきた。

« 元祖半炒 | トップページ | 木曜鶏豚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷懐:

« 元祖半炒 | トップページ | 木曜鶏豚 »