カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 一風咖喱 | トップページ | 神保伊峡 »

2014年3月14日 (金)

一本道曲

今日も歯医者に行ってただ歯ブラシのやり方教わっただけで返された。こうやって数刻ませられるから歯医者って行きたくなくなるんだよな。で金曜日だけど特に行きたい店もなく関内で下車し、駅近くの『麺屋一本道』に寄ってみた。この店、トマトラーメンやら牛骨ラーメンやらいろいろバラエティ豊かだったが、最近になって家系に鞍替えしたという。『ゴル家』が開店した時も書いたが、この辺りはもう家系飽和状態でのっぴきならない状況にある。そこに1個盛るという暴挙とも思える方針転換。そうまでして作った一杯はどんなもんだろうか確認する意味で入店。厨房には店主と女店員1人。先客ゼロ後客2人。

Menyaipponmichi08 Menyaipponmichi09 麺屋 一本道 関内店

『ラーメン(麺かため・油多め)』 680円
基本のラーメンをいつもの好みで注文。普通の丼なのに大きな受け皿に乗って着丼。ゴツイ。何だか油が過剰に多い。新店の店員が慣れない油多め注文にこのような事をする事がよくあるが…。系統で行くと豚骨濃度が薄く醤油ダレが強く出ている六角家系だが、だいぶ違うな。少なくとも我の好みとは違う。そして問題なのが基本が680円。海苔4枚も入れるなら減らして価格を抑えるべき。基本的に方向転換するような店は個人的に好きにはなれない。名前負けしている。関内周辺は選択肢が減ってしまったと言わざるを得ない。

« 一風咖喱 | トップページ | 神保伊峡 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/59292480

この記事へのトラックバック一覧です: 一本道曲:

« 一風咖喱 | トップページ | 神保伊峡 »