カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 金曜無策 | トップページ | 横浜市電 »

2014年2月22日 (土)

咖喱饂飩

2週間立て続けで週末大雪に見舞われた関東地方。今週末は三週間ぶりに好天に恵まれた。しかも雲ひとつ無い澄んだ冬の青空が広がった。なのでこの2週間出来なかった事を行うべく10時半頃家を出た。まずは不要な本を処分するため伊勢佐木町BOOKOFFへ。重い荷物を処分して改めてバスに乗り戸部警察署前のバス停で下車。平沼橋商店街へ向かった。先週雪が降った翌日の寒い日にカレーうどんが食べたくなった。カレーうどんが美味しい店を調べたところ大正9年創業という老舗蕎麦屋『平沼 田中屋』の店名が出てきた。先週行こうと思ったら日曜定休だったので訪問はかなわず妥協して『太源』のカレーラーメンを食べてしまった。今日はそのウサを晴らすべく訪問だ。平沼橋商店街自体が商店街という言葉の意味から逸脱しているんじゃないかというくらい寂しい通りなので、この店の幟はよく目立っていたのですぐ見つかった。店外にはショーケースに食品サンプルが並べられ、あまり老舗感を感じられない店構えだった。到着したのは11時半くらいだったが、我が入店する前から客の出入りが激しかった。で、入ってみると席のほとんどは埋まっていた。一番手前の相席用テーブル席の一角に座った。口頭で注文。そうしたらその直後から4,5人単位で家族客が相次ぎ店の外まで行列が出来る始末。危ないところだった。我が食べ終わって店から出た後も行列が続いていた。結局そんなに人気店なのか?ラーメン店以外となるとホント知識が乏しいなぁ。

Hiranumatanakaya00 Hiranumatanakaya01 Hiranumatanakaya02 そばうどん 平沼 田中屋

『竜田カレーうどん』 1030円

こちらの店の名物のひとつとなっているのが「裏横浜カレーうどん」。裏横浜ってどういう意味?調べたら最近どっかの雑誌で「裏原宿」のノリで、平沼橋から高島町近辺の事をカッコつけて書いた事から始まったのだとか。この裏横浜カレーうどんにはポーク、チキン、竜田の3メニューが用意されている。我は先週食べられなかった憂さ晴らしの意味で一番高い竜田カレーを注文。ライスかパンが選択する。うどんはやや細めに感じたが適度なかたさともちもち感で良い。具はネギと玉ネギが多めに入っている。赤と黄のパプリカは彩りの為だろう。竜田揚げはかなり大きめなものが4個も入っている。ゆっくり時間をかけて食したのだが、食べ終わるまでアツアツで美味しかった。そしてスープはカレーうどんらしさを損なう事なく良いバランスで作られている。甘すぎず辛すぎず、とろみのくどさもあまり感じさせず。この値段に見合うボリュームで大満足だった。こういう店でかつ丼とか食べてみたいなぁとも思った。

« 金曜無策 | トップページ | 横浜市電 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/59180475

この記事へのトラックバック一覧です: 咖喱饂飩:

« 金曜無策 | トップページ | 横浜市電 »