カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 赤岡中日 | トップページ | 高知地麺 »

2014年1月31日 (金)

晴天桂浜

Kouchi01 赤岡から高知に到着、そして最重要訪問店である『十一屋』本店への訪問を達成※後述の「高知地麺」参照。一安心つけたので、これからは高知市内をゆっくり回る事にする。予定より1時間早めに事が進んだので、明日早朝行くつもりだった桂浜へ行ってみる事にした。その前にはりまや橋近くに予約してあったホテルに荷物を預けに行った。暑いのでジャケットも一緒に預けた。些細な事だけど、チェックイン前&チェックアウト後でもホテルに荷物を預けておけるサービスを利用するのは結構重宝するのだ。身軽になって南はりまや橋のバス停から桂浜行きのバスに乗車。結構遠いので36分ほどかかった。途中「横浜」や「長浜」といった地名のバス停を通過したので不思議な気持ちになった。とんでもない細い路地をバスが曲がっていく様は、つげ義春「ねじ式」の路地を進む蒸気機関車を何故か彷彿させた。のんびりした漁村だからかな。

Katsurahama01 到着した桂浜は好天に恵まれ暖かく爽やかだ。象徴的な坂本龍馬像は逆光で上手く撮影出来なかった。その後浜に降りる。

Katsurahama02 Katsurahama03目の前一面に広がる太平洋。神奈川で見るのとは全然違った景色だ。人が少なく広々としていて気持ちいい。こういう景勝地は天候に恵まれた平日に訪問するのに限るね。予定通り翌朝行っていたら残念な結果になったはず。来れて良かった!

Katsurahama04 その後竜王岬の海津見神社に参拝、家族の無事を祈った。広大な太平洋を見ていると、自分は今こうして本当に高知にいるんだなぁ、来ることが出来たんだなぁと実感がこみ上げてきた。

次のバスまで1時間ばかりあるので坂本龍馬記念館に入館。江戸末期の人物だけあっ手紙だけではなく写真もあったりして歴史をより身近に感じる事が出来た。それからバスに乗り36分、610円ではりまや橋に戻ってこれた。

« 赤岡中日 | トップページ | 高知地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴天桂浜:

« 赤岡中日 | トップページ | 高知地麺 »