カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 岐阜老舗 | トップページ | 卵綴拉麺 »

2013年12月21日 (土)

重油拉麺

ご当地ラーメンという広まりは見せないものの、世の中には奇妙なラーメンというものがたくさんある。そのひとつ、名古屋には「重油ラーメン」と呼ばれるものを提供する店があるという。もちろん客が言った俗称であって本当の意味ではないのだろうが、それにしても強烈なネーミングである。このラーメンを提供する店は「台湾ラーメン」元祖の店『味仙』がある今池付近にある『呑助飯店』だ。但しこの店、営業開始が17時半となっている。夜の名古屋か。岐阜から戻ってこれたのは3時半なのでまだ2時間近くある。名古屋のシンボル名古屋城に行ってみる事にした。

Nagoyajyou01地下鉄とバスが1日乗り放題という「ドニチエコきっぷ」600円を購入し、早速バスに乗った。しかしそのバスが目的の名古屋城から離れ始めたので途中で降りた。近くから地下鉄に乗り市役所前という駅で下車する。ここが一番名古屋城入口に近いそうだ。到着したのはもう4時をまわっていて閉門時間まで1時間をきっている。それでも入園料500円を払って中に入る。そうしたらまた補修工事をやっているんだよ。姫路城に行った時もそうだった。今回は幕で覆われていないだけまだマシといった感じ。天守閣を見て名古屋に来た気分にも浸れたし、胃袋をクールダウンする事も出来たので満足し、再び地下鉄の駅に戻る。一度の乗り換えを経て今池駅に到着。駅から徒歩6分ほどの場所に目的店、昭和25年創業の老舗『呑助飯店』を発見した。でも開店予定時刻まであと8分くらいあるので店前で待機。しかし開店の準備はしているようだが、定刻になっても開店しないんだよ。結局看板に明かりが灯されたのは定刻から15分ほど経ったあたり。早速入店。長い12席のカウンターがある以外は昔ながらの中華料理店といった感じ。厨房には男の店主とおばあさんの二人。でもそれ以外に常連らしい爺さんと女性がいた。カウンター以外には座敷に4人がけテーブルが4卓。口頭で注文。
Nomisukehanten00 Nomisukehanten01 Nomisukehanten02 呑助飯店
『ラーメンA』 550円+『呑助特製餃子』 450円=1000円
筆頭のラーメンはAとBの二種類存在し、Aの方が「伝統の油こってり濃い味」、我の求める重油ラーメンと言われる方だ。この強烈さに耐えられない一般人向けにあるのがBの方、「あっさりしょうゆ系薄口」となる。当然我はAの方選択。更にこちらの特製餃子はかなりの評判というので合わせて注文してみた。先に提供された特製餃子は小さな三角形のカリカリになったものが8個。中身は玉ネギのキザミと背脂だろうか。ニンニクは入っておらず甘みを感じる。スナック感覚でいくつでも食べられる感じ。これが評判になるのは頷ける。そして本命の重油ラーメンがやって来た。富山ブラック並に真っ黒なスープだが、このテカリはそれとは別物である事を無言で訴えている。麺は黄色い中太ストレート麺。具は薬味ネギとメンマ数本、脂身の多いチャーシュー1枚。そしてこの黒いスープ。どんな味がするのだろうと一口啜ってみたが、とんでも無くラードでアツアツ!香りは若干焦げ臭い、中華料理店の厨房の臭いそのもの。味は何度も啜って正体を確かめようと努力したが、ラードが強烈すぎて明確に判らず終いだった。醤油の味は感じなかったなぁ。重油という表現は言い得て妙。このスープ、創業の昭和25年から火を絶やさずずっと継ぎ足しながら煮立てているのだそうだ。万人向けではないのでそうそう薦められないが、ラーメン好きなら一度は話のネタに食べてみる事を薦めたい。こんなラーメン今まで出会った事がない。唯一無二の一杯を食す事が出来て幸せだった。満足。でもスープはとてもじゃないが飲み干す事は出来なかった。
食べている最中開店前から店内にいた女性がハンディカメラを片手に話かけてきた。名古屋テレビの取材だそうだ。この重油ラーメンをレポートしに来たのだろう。恥ずかしかったが撮影に応じてしまった。

« 岐阜老舗 | トップページ | 卵綴拉麺 »

コメント

味仙が好きで、名古屋出張の際には結構今池に行きましたが、このお店のことは知りませんでした。『重油』というのはスゴイですね。
どんな味なのか、一度食べに行ってみたいです。

丿貫様、コメントありがとうございました。私の駄舌では油しか感じる事が出来ませんでした。ぜひ丿貫様の感想をお聞かせ下さい!それに合わせて特製餃子もぜひ注文してみて下さい。食感はパリパリで餡は玉ネギで甘いというアイデア餃子で美味かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重油拉麺:

« 岐阜老舗 | トップページ | 卵綴拉麺 »