カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 浪費金曜 | トップページ | 結局家系 »

2013年10月19日 (土)

背脂家系

キーボードが壊れてしまったので昨日に引き続いて横浜ヨドバシカメラへ朝から向かった。もう浪費に浪費を重ね塗りだ。買い物を済ませ京浜東北線に乗り磯子へ向かった。二週間前『八の字屋』の後でフラレた店にリベンジする為だ。でもその店に行く前に磯子筆頭の店『壱六家』本店へ約3年ぶりに訪問する事にした。開店時刻5分前に到着。店前には誰もおらずシャッターが閉まっていた。1人店前で開店を待つ。開店と同時に入店した。あっとうとう食券機を導入したんだな。券売機で食券を買い着席すると、さっきまで誰もいなかったのに後客が続々来店。さすがは本店。厨房には男の店員2人。後客11人。

Ichirokuyahonten03Ichirokuyahonten02 ラーメン壱六家 磯子本店
『煮込濃厚醤油』 600円+『ライス』 100円=700円
基本のラーメンを食べようと思っていたのだが、レギュラーメニューにない魅力的なメニューが食券機にあったので思わずボタンを押してしまった。出てきたものは家系とはかけ離れた一杯。たいがい家系の店で醤油ラーメンを出すと「こってりが苦手な人の為に」というコンセプトであっさり正油ラーメン、中華そばが出てくるのだが、こちらは明らかに違う。何といっても煮込み、濃厚だから。このメニューには家系好みは適用されない。麺は四角い細麺ストレート、多めの平メンマ、角切り玉ネギ、半味玉、脂身の多い巻バラチャーシュー1枚、海苔1枚。熟成醤油の濃厚な味のスープ。角切り玉ネギがいいねー。八王子ラーメンに似ているが油の感じが違う。以前大船駅近くにあった『大字』という店のラーメンに似ている。家系ラーメンを食べる気持ちで来たのだが、別の我好みの一杯、ご当地ラーメンに通じるものが出てきたので満足した。
予想外の一杯に遭遇したが、これからが本日の本当の目的店、家系ラーメン店『磯子家』へ向かう。先々週だけではなく、実は先週は『精一杯』に訪問した後わざわざ磯子に出向いてリベンジを狙ったのだが臨時休業にまたもやフラレていたので何と3度目の正直を狙った今回の訪問。入店できれば約7年ぶりの再訪だ。店に到着したら準備中の札が出ていたが今回は営業しそうな雰囲気だったので5分ほど待った。営業中の札に変わった瞬間に入店。奥に伸びる店内。厨房には中年男の店主1人。L字型だが一列しか使っていないカウンター8席。後客1人。口頭で注文。料金先払い。
Isogoya00Isogoya012 家系ラーメン 磯子家

『ラーメン(背脂入り・麺硬め・味濃いめ・油多め)』 600円+『小ライス』 100円=700円
この店の最大の特徴は要望に応じて家系ラーメンに背脂を投入してくれる事。家系ラーメンに背脂投入はありそうでなかなかない。麺のかたさはかなり硬めでゴワゴワで我好み。具は家系標準プラス半味玉。壱八家系っぽくはある。そしてこの背脂のジャンク感。好みMAXにしたのでかなり脂っこい後味だったが、満足のいくものだった。

« 浪費金曜 | トップページ | 結局家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/58418151

この記事へのトラックバック一覧です: 背脂家系:

« 浪費金曜 | トップページ | 結局家系 »