カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 甍塩煮干 | トップページ | 晩夏文庫 »

2013年9月 7日 (土)

秀吉肉麺

曇りの土曜日。昨夜は久々に涼しかったがまた徐々に蒸し暑くなってきた。なので早めに活動する事にした。朝9時半過ぎに家を出て横浜で買い物に出かけた。そして本日の目的店、おとといの今月6日に開店した『豚そば秀吉』という二郎系ラーメン店に向かう。場所は以前『賽龍』があった場所だ。開店予定時刻7,8分前に到着したら既に3人くらい先客が待っていた。で、開店予定時刻を5分前倒しで開店。入口に券売機。厨房には男の店員4人、接客の女店員3人の構成。内外装とも黒で統一され、厨房前に一列のカウンター11席と、4人がけテーブル席3卓と6人がけテーブル席1卓。後客も6人くらい来た。

Butasobahideyoshi00 Butasobahideyoshi01 豚そば 秀吉 『豚そば(ニンニク)』 900円

基本の「そば」は700円。チャーシュー3枚入りという「豚そば」を注文。食券を渡した時点で無料トッピングを確認された。我はいつも通りニンニクのみ。見た目がかなりおとなしめ。麺は低加水のかための縮れ太麺。しっかりした歯ごたえは本家に酷似。具はもやしとキャベツの茹で野菜と、トッピングチャーシュー3枚。チャーシューは普通のラーメンからすれば厚みはあるものの、二郎系としては大人しい。スープはカネシ醤油の味がしっかりしている。ただ背脂の量がノーマルだと少ない。麺とスープは本家にかなり近い感じがするけど、コストパフォーマンスは低い気がした。アブラ、ヤサイは基本注文しておいた方が良い感じ。それにしても横浜駅周辺にようやく本格的な二郎系の店が出来たんだなぁ。

« 甍塩煮干 | トップページ | 晩夏文庫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/58146597

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉肉麺:

« 甍塩煮干 | トップページ | 晩夏文庫 »