カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 知床探訪 | トップページ | 標津乳麺 »

2013年9月 1日 (日)

羅臼新麺

とうとう知床半島を縦断し羅臼に到着。羅臼の道の駅は混んでいたが何とか駐車して土産物を物色した。羅臼と言えば昆布、だからといって昆布を買っても何だから昆布茶などを購入した。道の駅の隣の「羅臼深層館」の2階が「知床食堂」というレストランになっていたので何気なく「ご当地ラーメンないかな?」と軽い気持ちで覗いたら、あった。その名も「羅臼昆布羅ーメン」。今日は鹿肉バーガー1個しか食べてないのでいい加減腹が減ったので、予定外だが食べていく事にした。早速2階に上がる。テーブルがいくつもある大きな食堂だったが、ほとんど貸切で料理が既に並べられていた。隅の方に一般客用のテーブルが幾つかあり、先客も1人いたので入れるだろうと入店。接客店員が男女含めて5人くらいいた。後客も5人くらい入った。

Shiretokosyokudou00 Shiretokosyokudou01 知床食堂 『羅臼昆布羅ーメン』 800円

新メニューとあるから最近出来たのかもしれない。メニューには「とことん羅臼昆布にこだわりました」とある。①麺は昆布と道産小麦100%を練りこんだ昆布色の自家製麺②スープには昆布をふんだんに使い、隠し味に鮭節のあっさり塩味③塩は昆布塩④トッピングはとろろ昆布ときざみ昆布 との事。他にメンマ数本とお麩、海苔1枚が入っている。羅臼の名物が昆布だとしても、それをそのまま観光客に食べさせるのは酷なので、こういう形で食べさせるのはいいアイデアだと思う。羅臼感を味わえ満足した。

« 知床探訪 | トップページ | 標津乳麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼新麺:

« 知床探訪 | トップページ | 標津乳麺 »