カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 北干貝柱 | トップページ | 知床探訪 »

2013年8月31日 (土)

雨夜網走

網走道の駅から5分程度でJR網走駅真ん前のビジネスホテルに到着。2時間くらい休んで夜の網走の町に歩いて出撃。しかし網走の街は釧路より小さい街。中心部に行っても寂しい感じ。小雨が降っているのでなおさら寂寥感が漂う。当初は「オホーツク干貝柱ラーメン」を提供するもうひとつの店に行こうと思っていたが、先ほど「キネマ館」で食したのでもう満足。別の網走名物を食べてみたいと雨の網走の街を彷徨った。ところが飲み屋くらいしか空いてないんだよ。結局40分くらい彷徨ってしまった。仕方なく途中で見つけたラーメン店でも入ろうかなと思ったが、しばらくすると気になる暖簾を掲げる店を発見。「網走ちゃんぽん」とある。もう歩き疲れたし入店してしまった。中はもろ飲み屋な感じ。奥に伸びる一列のカウンター席は満席だった。と思ったら一番奥の人は客ではなく店の人だったようで空けてくれた。壁には無数のサイン色紙が貼られている。何となくアットホームな雰囲気のある店。口頭で注文。

Abashiriisizawa00 Abashiriisizawa01 Abashiriisizawa02 お食事処 いしざわ
『網走ちゃんぽん』 850円+『ザンギ』 650円=1500円
網走ちゃんぽんとは「世界一の長さの焼きちくわ対決」で交流を持った雲仙と共同で作り上げた新ご当地グルメというもの。特徴としては①雲仙小浜ちゃんぽんのスープをベースに、網走のホタテやシジミを加えたもの②網走市内でつくられたかまぼこを使う③網走市内の製麺所製のオリジナルちゃんぽん専用麺を使うという3つの鉄のオキテがあるのだそうだ。ゲソより貝類が目立つ構成だった以外は普通に美味しいちゃんぽんだった。ついついザンギも頼んでしまい、美味しかったがお腹がいっぱいになってしまった。
雨の中ホテルに戻り早々に就寝した。明日の朝は早いのだ。

« 北干貝柱 | トップページ | 知床探訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨夜網走:

« 北干貝柱 | トップページ | 知床探訪 »