カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 街角二郎 | トップページ | 港南親移 »

2013年8月 3日 (土)

醤和拉麺

遠征翌週末はグッと気持ちを抑えてゆっくりする事にする。朝はいつもどおり早朝に起きたのだが、のんびり本を読みながら、沖縄土産の風鈴の音に耳を傾けていたら2度寝してしまった。沖縄ガラスと白珊瑚がいい音を奏でるんだよなぁ。で、昼過ぎに家を出た。横浜橋商店街に寄って日用品を買う。その後伊勢佐木町に出て関内に抜けるお決まりのコース。昼飯は約1年ぶり『らぁめん醤和』に訪問する事にした。以前は今味、昔味の2本立てで更に煮干、鯖節、鰹節、と選べて、価格も500円前後とリーズナブルな良店だった。それがいつの頃から軌道修正が図られたようなので気になっていた。早速入店。厨房には若い店員が一人。先客2人後客ゼロ。

Ramensyouwa03
らぁめん 醤和 『醤和らぁめん(細麺)』 800円
昔ながらの昭和味のコンセプトはそのままに、グレードアップが図られ、それに伴う価格修正がされたようだ。スープ全てが名古屋コーチンを使用したものに切り替えられた。従来の500円のお値打ち品も継続。そこにグレードを上げた品が2段階新設。最上級は極と名付けられ1000円の価格設定がされていた。我はまずオススメマークが付けられた屋号を冠するメニューを注文。細麺・中太麺・平打麺が選べるというので細麺を選択。具が別皿で提供された。スープを味あわせる為の工夫なのだそうだ。醤油スープは確かに全然しょっぱさがなく、むしろ甘さを感じる。いつか極を食べてみたいとは思った。

« 街角二郎 | トップページ | 港南親移 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/57920157

この記事へのトラックバック一覧です: 醤和拉麺:

« 街角二郎 | トップページ | 港南親移 »