カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 那覇夕飯 | トップページ | 代替家系 »

2013年7月14日 (日)

那覇散策

Dscf5747 沖縄旅行3日目。最終日。今日はあれこれ車で走り回らず、のんびり那覇の町を歩いて土産物を買う予定。昨夜早めに寝たせいか、朝はいつもどおり5時くらいに起床。早起きは3文の得。早速着替えて手ぶらでホテルを出る。今日は青空が眩しいいい天気。セミの鳴き声がやかましい。ホテルから徒歩6~7分歩いたところに地元のスーパーを発見していた。のぞいたら結構面白いものが売っていたので目をつけていたのだ。しかも24時間営業と来たもんだ。下手に土産物売り場に行くよりこういうスーパーで買う方が面白い。まず入口で沖縄そばの生麺売り場があり目を惹かれた。ちゃんと「宮古そば」「八重山そば」「山原そば」等バリエーション分けして売られているんだなぁ。買いたい気持ちもあったけど土産物にはふさわしくない。パッケージが沖縄ローカル色豊かなデザインのパンも欲しくなったんだけど持ち運びで潰れるの確実だったから断念。ソーキとミミガーの真空パックと海ぶどう等を購入した。Dscf5720

一旦ホテルに戻り風呂に入ってまた手ぶらで外出。朝食を食べに出かけた。沖縄には独特の家庭料理文化があり面白いものが食べられるという。幸いな事にホテルから徒歩1分のところに24時間営業の定食屋『三笠』があったので入ってみる。厨房にはおばちゃんばかり4人いた。カウンター8席、2人がけテーブル1卓と4人がけテーブル10卓。先客8人後客5人。口頭で注文。

Osyokujidokoromikasa00Osyokujidokoromikasa01 お食事処 三笠 『ちゃんぽん』 500円

ちゃんぽんという料理名だが、沖縄のちゃんぽんはご飯もので全く違う。玉ネギと挽肉を炒め卵でとじたもの、いわゆるオムレツをご飯の上にのっけたものだ。これは美味しい!いい感じの甘みがご飯に染みている。たくあんが2枚が添えられ、味噌汁も付いている。美味しい朝食を食べる事が出来た。

ホテルに戻り9時頃までゆっくりする。9時半頃チェックアウト。車を一旦出して、国際通り入口付近のコインパーキングに駐車する。2時半発の飛行機に乗るので正午頃には車に戻らなければならない。強い日差しが照りつける中、複数の土産物店に入る。沖縄ガラスのものが涼しげで綺麗で目が惹かれるので、風鈴とグラス2個を購入した。あと珊瑚とシーサーの小さな置物、定番ちんすこうとサーターアンダギー、オキコラーメンも買い土産購入終了。落ち着いた後、沖縄そばをもう一杯食べ納めで食べておこうという気になった。国際通り中心部のむつみ橋付近にある創業60年を超える老舗、『むつみ橋かどや』に入店。開店直後に入店した為我が本日最初の客となった。厨房には男女2人。厨房前に4席、壁側に5席、各々1列のカウンター席が背中合わせに配列されている。4人がけテーブル席3卓。後客1人。口頭で注文。

Mutumibashikadoya00 Mutumibashikadoya01 むつみ橋かどや 『ソーキそば』 700円

最後なので奮発してソーキそばを注文。沖縄本島のそばらしく、かために茹でられた平打縮れ麺。青ネギの小分け切りと紅生姜、紅白のかまぼこ各1枚づつ。ソーキが4個。すっかり沖縄そばが好みになったことは今回の遠征の大きな収穫のひとつだ。満足して国際通りを後にした。沖縄旅行のいいピリオドになった。

ガソリンを入れて無事レンタカーを返却。ホッと一安心。日本であって日本でない、異国であって日本。他の地域を旅した感覚とはまた違う。南国の魅力もたっぷりある。沖縄が大好きになった。ぜひまた来てみたい。今度は石垣島とかにも行きたいなぁ。本当に良い旅だった。羽田には夕方5時過ぎに到着、横浜には6時前に戻る事が出来た。

« 那覇夕飯 | トップページ | 代替家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那覇散策:

« 那覇夕飯 | トップページ | 代替家系 »