カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 那覇地麺 | トップページ | 那覇夜麺 »

2013年7月12日 (金)

美海洋館

Dscf5333 『御殿山』を出てちょうど午後2時をまわった辺り。ここから県北にある「美ら海水族館」へ向かう。こういう混雑が予想されるところは平日に行ってしまった方が正解なのだ。それにここならば天候に関係なく楽しめる。一石二鳥だ。高速に乗り終点の許田まで行って更に北上、約2時間かけて海洋博公園に到着出来た。多少迷って入館出来たのは午後4時過ぎ。16時以降は入場料が3割引になるとかで、割引前売り券でも差額を返金してくれた。これはラッキー。それなりに客は多くいたが、おそらくピーク時とは比較にならないだろう。ほとんど自分のペースで全てのブースを観覧出来た。

Dscf5345 Dscf5390 人工的といってしまえば御終いだが、天然の自然でこれだけ見事な情景を見るのはまず無理だろうと思える美しい海洋の中の様子が切り取られている。生物自体は本物なのだから迫力はそのまま。

Dscf5489

そして何と言っても大迫力はジンベイザメが三頭も泳ぐ黒潮の海の水槽。巨大なマンタやハタでさえ相対的に小さく見える。ちょうど水槽の近く最前列に立った時アナウンスがあり、ちょうどジンベエザメの餌やりタイムが始まるという。1日に2度だけ訪れる大チャンスにぶち当たった。これまたラッキーだ。しばらく待って餌やりが始まると水槽の中は激変。他の魚は水槽内を右往左往、マンタは水底にへばりつく。そしてジンベイザメはその巨体を垂直にして餌を食べる姿を見る事が出来た。自然界でもこのような姿になる事があるそうだ。

Dscf5553貴重な瞬間を目の当たりに出来て大満足。我の興味がある深海の生物をじっくり観察し帰路についた。多少非効率だけど平日の今日訪れる事が出来て大正解だった。

« 那覇地麺 | トップページ | 那覇夜麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美海洋館:

« 那覇地麺 | トップページ | 那覇夜麺 »