カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 柚子勝治 | トップページ | 仙台地麺 »

2013年4月12日 (金)

牛國白麺

何とか週末は休めて定時で上がれたので安堵した。いい気になって横浜で買い物をした後京急各駅停車に乗り日の出町に出た。平戸桜木道路に沿って黄金町方面に歩を進める。博多ラーメン『たつ家』を通り過ぎた大分先の所に今月8日オープンしたという新店『牛國屋』に到着。看板も暖簾も無く、ただドアの所に小さな紙が貼られていて、それを読んでようやく目的の店だと確認出来た。入口脇に券売機。厨房は奥にあり見えにくかったが、男の店員2人。L字型カウンター8席に4人がけテーブル席1卓。内装は白で綺麗。席には各々お盆があらかじめ置かれていた。先客3人後客ゼロ。

Gyuukokuya00 Gyuukokuya01
牛國屋

『白麺』 750円+『牛テール』 150円=900円
筆頭は紅麺だが、辛くて味がごまかされそうだったので白麺に牛テールのセットで注文。屋号から想像出来るが今流行りの牛骨スープの店。但し鳥取倉吉や山口下松ではなく、スープに胡麻がかかった韓国コムタン風のラーメン。具はシャキシャキ散切りネギと揚げレンコン2枚、しゃぶしゃぶ用牛肉が2枚ほど。牛テールは半分が骨なので食べる所が少ない。出汁をとるというにはちょっと無理がある。スープは想像通りの感じだが牛骨っぽさはあまり無く、塩スープという印象が強い。満足度は少なかったが機会があれば筆頭「紅麺」を食べに来てもいいかな。

« 柚子勝治 | トップページ | 仙台地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/57159259

この記事へのトラックバック一覧です: 牛國白麺:

« 柚子勝治 | トップページ | 仙台地麺 »