カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 反町揚鶏 | トップページ | 鶴見拳万 »

2013年4月24日 (水)

米国浸麺

定時退社日。新横浜で途中下車。惜しまれつつ短期営業に終わってしまった高知須崎『谷口食堂』の跡地に本日新店がオープンしたというので行ってみた。その後に入ったのは何と米国ハリウッドに本店があるつけ麺メインの店『IKEMEN(イケメン)』だ。まぁ国内ご当地筆頭店の首都圏への出店というのは現実的にとてつもない難題なわけで、いずれはこういった海外へ視野を広げるというのは必然だったと思う。でもせめて地元に最低8年くらいは定着している店にして欲しかった。この『IKEMEN(イケメン)』本店は2011年8月にハリウッドに開店したという。つまりまだ2年も経っていないのだ。地元に定着も何も無い。しかも店主が日本人というのでは全然価値が違うでしょう。外国人店主だったらまだ地元感覚が味わえるだろうが…。でもまあ入店してみる。待ち無く入れたが、我が入ってちょうど満席。後は店外で待ちが生じていた。店員は全員スーツに帽子をかぶったジョニー・デップ風。男の店員6人、内黒人の店員1人。女の店員1人。内装は黒で統一され「Thank You!」の掛け声は雰囲気を出していた。

Ikemen_hollywood00 Ikemen_hollywood01 IKEMEN HOLLYWOOD 新横浜ラーメン博物館店
『ジョニーディップ』 850円
本来ならラーメンを注文するのだが、こちらは米国でも珍しいつけ麺メインの店という事で筆頭つけ麺メニューを注文。黒人の店員が運んできてくれて、これまた雰囲気は出ている感じ。麺は黄色い中太ちぢれ麺。水菜と薄い炙りチャーシュー2枚が添えられている。つけ汁の方はバジルトマト風味。「いかにも」と言った感じもあるが、この辺りは都内のつけ麺店でも出しているレベルで目新しさはあまり感じなかった。今度はラーメンメニューを食べて再評価したい。
先の一杯では何とも物足りなかったので、我の中では今最も卒業して欲しくない店NO.1の『龍上海本店』 へ入店。先客8人くらい後客5人。
Ryuushanhaisinyokohama04 龍上海本店 新横浜ラーメン博物館店
『ミニからみそラーメン』 550円
2杯目なのでミニにしておいた。先週行った仙台『味よし』中倉本店と比較したかった事もある。やっぱりこちらの方が味噌味に深みがあり青海苔風味も効果的。縮れ麺もとても合っている。満足。

« 反町揚鶏 | トップページ | 鶴見拳万 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国浸麺:

« 反町揚鶏 | トップページ | 鶴見拳万 »